死角なし? 次期Surface Bookに4KディスプレイやUSB-Type C搭載の噂

死角なし? 次期Surface Bookに4KディスプレイやUSB-Type C搭載の噂 1

もはや死角なし、になるか。

昨年10月に発表され、あらゆる妥協を廃したMicrosoftによるラップトップPC「Surface Book」。そのスペックも本体ギミックも最高だったんですが、唯一ディスプレイ解像度だけは尖った数値ではありませんでした。しかし The Next Rexの情報によると、「次期Surface Bookは、4K解像度ディスプレイとUSB-Type Cを搭載」するというじゃありませんか!

現行モデルのSurface Bookも3,000ドット×2,000ドットという十分な解像度のディスプレイを搭載していますが、4K解像度ディスプレイになれば4Kコンテンツを十二分に楽しむことができるでしょう! 最近はロケットの打ち上げNASAからの地球の映像も4K解像度で配信される時代ですからね。対応しておくに越したことはありません。

またUSB-Type Cが搭載されれば、より高速なデータのやり取りが可能になります。さらに100ワットまでの電力供給が可能なので、原理的には次期Surface Bookの充電もUSB Type-Cでこなせることになります。多分Surface Bookはクリエイターがパワフルに使いこなすPCなので、外部ポートをUSB Type-Cだけに統一する…ということはないと思いますが、Microsoftがどんな選択をするのか気になります。

次期Surface Bookは今年の後半のリリースが予測されています。おそらく、プロセッサも最新のものが搭載されることでしょう。Windowsを搭載したハイエンドラップトップ市場に果敢に切り込んだSurface Bookですが、今後もバージョンアップを重ねることで、一大ブランドにまで成長すれば面白いですね。

source: The Next Rex via Slash Gear

(塚本直樹)