ハッブル望遠鏡からの贈り物。天の川銀河の中心へズームイン(動画あり)

再確認:私ちっぽけ。

太陽系、大きいよってよく取り上げられることがありますよね。「就職とか進学で悩んだ時は広い宇宙に浮かぶ小さな小さな地球を思い浮かべてごらん、そしたら小さな悩み事なんてバカバカしくなるよ」って聞いたことあると思うんです。

...が! このたびハッブル望遠鏡が届けてくれた映像はなんというかスケールが大きすぎて悩みがバカバカしくなるというよりは「あーやっぱり私の存在って虫ケラ」と再確認する感じで、なかなかハードコアです。

こちらの映像、見せてくれるのはハッブル望遠鏡から銀河系の中心までのズームイン。これがなんとも想像を超えた距離を移動していて、目が点になります。

天の川銀河がカバンの中でちょっとつぶれたバームクーヘンみたいな形をしているとすると、我らが太陽系は外から二層目とか三層目に位置してる感じなんですね。そこから銀河の中心までは光の速さでも何万年もかかってしまうとのこと。つまり中心から超遠いんですね。中心には超大質量ブラックホールが存在します。そこまでを30秒ほどでズームインしちゃうこのビデオ、圧巻です。

source: Hubble

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)