ホラー映画史上最もユニークな殺され方10選

不謹慎な発明

こちらは2015年10月30日に公開されたコタク・ジャパンの記事の再掲載です。

ホラー映画を極端に一言で表現すると「人が殺される映画」です。しかし、殺し方や殺され方がワンパターンだと観客は飽きてしまいます。

ホラーファンは、人間が物のようにグシャグシャに破壊されるところ、血しぶきがプシャーとなるところ、拷問の苦痛に耐えきれず歪んだ被害者の顔、ゾンビに生きたまま豪快にかぶりつかれるなどを求めているものです。

そこで今回は、Bloody Disgustingがまとめた「ホラー映画史上最もユニークな殺され方10選」をご覧ください。

残虐描写と一部ネタバレがあるので、閲覧注意です。残虐描写が好きな人は必見です。

なお、ユニークな殺され方といえば「ファイナル・デスティネーション」シリーズが有名ですが、本シリーズを含めてしまうとリスト全てが埋まりそうだということで、あえてはずされているようです。

自動販売機/「地獄のデビルトラック」

Z級ホラー好きにはたまらないスティーブン・キングの本作は駄作だとよく言われますが、命を吹き込まれた機械たちが人間を襲う方法は非常にユニークです。

中でも非常に情けなくダサいのが、このソーダにボコボコにされる死に方でしょう。

寝袋/「13日の金曜日PART7/新しい恐怖」

「ジェイソンX」でネタにもされている「Part7」の寝袋スイング・デス。寝袋が凶器になるなんて、一体誰が考えたでしょうか?

これを見ると、ジェイソンシリーズの製作陣は常にユニークで、観客を笑わせる殺しを追求しているのが分かります。

チェストバスター/エイリアン」

次々と新しいゴア描写が生み出されるホラー界において、チェストバスターはそれほど目新しいものではないかもしれません。しかし、このシーンが初めて映し出された時の観客の恐怖と驚きは凄まじいものがありました

今もなお「エイリアン」を「最も怖い映画」に挙げる人は多く、そんな作品の象徴的な死亡シーンを外すわけにはいかないでしょう。

腹から....../「遊星からの物体X」

これほどクリエイティブな殺され方は無いといってもいいくらい、インパクト絶大の名シーン

膨張/「レプリコーン3」

美しくなりたい、死ぬ瞬間も美しくありたいと思う女性は少なくありません。だから美しい女性を醜くした挙句、破裂させて殺すというのは残虐極まりないこと。

しかし、この死亡シーンが深いのは、豊胸手術も唇のシリコン注入も「やり過ぎると危ない」という整形中毒の女性に対する警告にも見えるところです。

バスケットボール/「デッドリー・フレンド」

ウェス・クレイヴン監督と言えば、「エルム街の悪夢」シリーズと「スクリーム」シリーズが有名ですが、他にも隠れた名作(迷作)があります。

中でも注目なのが、この「デッドリー・フレンド」。中身は正直なところ酷いと言っていい内容ではすが、バスケットボールを投げつけただけでグシャっとなる頭は一見の価値があります。

頭部爆発/「スキャナーズ」

今の時代、CGIが一般的になったこともあり、爆殺はそれほど衝撃的で珍しい死に方ではありません。しかし、本作が公開された当時、こういったシーンにはプラクティカル・エフェクトがスタンダード。

しかも、とことんリアルを追求をしていたため、今見てもその迫力に圧倒されます。

ゴキブリ変身/「エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃」

ゴキブリが嫌いな方は閲覧注意です。

「エルム街の悪夢」シリーズにはアイディアを凝らした死亡シーンが山ほど登場しますが、自分がされて嫌なのは、カフカの「変身」もびっくりのゴキブリ・デスでしょう。

フレディに握り潰されるだけのために、巨大なゴキブリにされてしまうなんて酷い......。考えついた人は天才としか言いようがありません。

犬用ドアつきのガレージのシャッター/「スクリーム」

シャッターで死ぬ? そんなことってあるの? 馬鹿すぎない? その気持ちはわかります。「スクリーム」シリーズの中で最も滑稽な死に方かもしれません。

しかし、多くのファンの記憶に残る冒頭シーン以外で印象に残る殺され方と言えば、このシャッターガシャンガシャン・デスではないでしょうか。

拷問/「マーターズ」

人間嫌いホラーの問題作として有名な本作。少女のアンナは「拷問を受けて死にかけた人間だけが見られる死の世界」の存在を追求するカルト集団に残虐極まりない拷問を受けます。

それは殴る蹴るどころでは終わらず、最後には顔以外の皮膚を剥ぎ取られてしまうのです。動画は剥ぎ取られた後のアンナの息も絶え絶えな姿。観ているこっちの全身もズキズキしてくるような痛々しさがあります。

source : Bloody Disgusting, YouTube1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10

中川真知子