イタズラ動画で人気のYouTuber、イタズラがすぎて逮捕される

イタズラ動画で人気のYouTuber、イタズラがすぎて逮捕される 1

何事もほどほどに。

Danh Van Leは、YouTubeの人気チャンネルTrollstationを運営するYouTuber。彼が投稿する動画は、公共の場でドッキリをしかけるイタズラ動画です。ギリギリなイタズラが人気の理由でしたが、一線を超えてしまいました。先日、ロンドンで撮影したイタズラ動画が原因で、逮捕されることに…。

問題の動画は、去年7月に、ロンドンにある美術館で撮影されたもの。絵画が盗まれる! 強盗出現だ!という内容のもので、仕掛人はストッキングをかぶり顔を隠し、事前に準備した偽物の絵を持って登場しました。問題なのは、このドッキリのターゲットとなるのは芸能人でも友人でもなく、何も知らない一般の人々だということ。たまったもんじゃありません。現に、その場に居合わせた女性1人は、気絶してしまいました。イギリス裁判所もこれは単なるイタズラではすまないとし、故意に恐怖を与えようとした、不当な暴力を起こしたとして、Van Leに禁固12週間の刑が言い渡されました。また、撮影に協力した他のメンバーにも、最大20週間の禁固刑が言い渡されました。

人気動画制作のための行き過ぎ行為…。実は、Van Leは過去にも逮捕されていました。昨年9月に地下鉄内で起こした偽爆弾入りブリーフケースを使ったドッキリが原因で、今年3月に禁固24週間の判決がでたばかり。今回のケースとあわせて、Van Leは合計36週、牢屋の中で過ごすことになりました。地下鉄での偽爆弾ドッキリは、世界的なニュースとなった自作時計を爆弾と間違われた少年にインスパイアされたそうですが、一緒にしないでほしいです。

Trollstationは、チャンネル登録者約72万2700人。トータル再生数2億回以上という超人気アカウント。Ven Le本人も、イギリスナンバーワンのドッキリYouTubeチャンネルと豪語していました。3月の判決もあり、一時沈黙していたTrollstation。今後コンテンツのアプローチを考え直すと語っていましたが、どうやら反省しているかは微妙なところ。Twitterでは、メンバーの開放を訴えています。

公に迷惑をかけ逮捕者まででてしまったチャンネルですが、YouTube公式が何かアクションをとることは(今のところ)ありません。Torollstationが、YouTube公式と共に何か企画を行なったわけではありませんが、人気チャンネルとして配当金はもらっているはず。より多くの人の目を惹き付けるもの、より過激なもの、もっと稼げるもの。そう思って動画を制作しているうちに、人気は得ても、何か重要なものを失い感覚が麻痺してしまうのです。怖いよ。

source: Metro via The Guardian

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(そうこ)