スマートウォッチに革命を起こすか? 自分の腕をインターフェースにして操作できるトラッキング技術

まさかのスマートウォッチ逆転?

生活の必需品には程遠いスマートウォッチ、ここから一気に普及するためには何か革命的な変化が起きないといけないのではないでしょうか。

スマートウォッチが人気でないのには色々な理由はあるけれども、そもそも画面が小さいので出来ることに制限があるんですよね。あの小さい画面上をプッシュして操作するのはすごく使い辛いようですね。

しかしカーネギーメロン大学のFuture Interfaces Groupが開発したSkinTrackというこちらの技術を使うと、そんなスマートウォッチの操作性がぐんと高まりそうですよ。ビデオを見てもらえば分かりますが、なんとスマートウォッチを身に着けている腕の上で指を動かすと動きをトラッキングし、スマートウォッチの画面に反映してくれるというテクノロジー。画面をわざわざ触らなくてもスマートウォッチを操作できると。

操作する指に指輪が装着されているのが見えますか? この指輪が高周波の交流信号を発しながら腕に触れることで、リストバンドに装着されている電極がその位置を計るという仕組みになっています。

私はあまり指輪が好きじゃないのでちょっとそこが減点なんですが、テック業界ではスマートリングへの注目どんどんと高まっているようなんですよね...。多くの人にとっては別に気にならないアクセサリーなのかもしれません。

プロモ動画では電話番号を手の甲の上で打ったり、画面を上に下にとスライドさせたり、と今のスマートフォンでしている基本操作は一通りできるのが見られます。驚くような応用法は無いですが、これによって操作性は大きく向上できるように思います。

もしも次のApple Watchにこの技術が搭載されたりしたら、少なくとも店頭に行って試したくはなりますよね。

source: Future Interfaces Group at Carnegie Mellon University

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)