セレブの国アラブ、人工の山を作って水不足解決ってマジ?

セレブの国アラブ、人工の山を作って水不足解決ってマジ? 1

節水なんてケチくさい、って感じなんでしょうか。

一瞬夏のトンデモSF映画かと思ったんですが、UAE(アラブ首長国連邦)の水不足対策が、なんというかさすがです。なにしろ、雨を降らせるために、山を作ることを検討しているようなんです。って、そんなの効果あるのかっていうと、一応ありそうではあるんです。ただその、供給される水の量を増やす手段に大金をはたくより、消費する量を減らす方が先じゃないかって話なんです。

山を作って雨を降らせるっていうのは、そこまでトンデモ科学じゃないようです。海からの湿った空気が人工の山にせき止められて、上空の冷たい大気で冷やされ、雲ができて、うまくいけば雨になって落ちてくるというわけです。こうして山の海側に雨が降り、反対側には雨が少なくなる現象は「雨陰(ういん)」と呼ばれています。

今は研究者たちがこの試みの実現可能性を判断しているところです。米国の大気研究大学連合と大気研究センターがこのプロジェクトのアドバイザーになって、「詳細なモデリング」をしているそうです。そこで検討した結果、やっぱり効率悪いからやめよう、となるかもしれません。多分そうなった方がいい気がします。

確かに、中東の広い範囲では今深刻な水不足です。最近の報告では、中東の一部では気候変動の影響で気温が高くなりすぎ、2050年までには人が住めなくなるとまで言われています。だからこれから数十年、状況は悪くなるばかりなんでしょうね。

でもUAEでは住民に対してそこまで節水を呼びかけてもないのに、とりあえず札ビラで箱モノを作ればなんとかなるだろう、みたいな考え方はどうなんでしょうか。UAEがいかに水をじゃぶじゃぶ使っているか、International Business Timesがこんな数字を出しています。

Federal Water and Electricity Authorityの調査によると、UAEの住人1日平均550リットルの水を使っていると推定されている。国際平均は170~300リットル

Al Jazeera Centre for Studiesの報告によると、同地域での水需要は140%上昇しているが、水資源は「干ばつ、雨量低下、昨今の気象傾向によってすでに減少中」である。

つまりUAEでは、ひとりひとりが国際平均の2~3倍相当の水を使っているようです。ちなみに「水と安全はタダだと思ってる」と言われる日本でも、1日ひとりあたりの水使用量は300リットルだそうです。去年大干ばつに襲われた米国カリフォルニア州でも、ほとんどの地域で住民による節水が功を奏し、対前年比で23.9%も水の使用量を減らせたんです。

UAEといえばドバイなどにあるバブリーな建造物でよく知られていて、世界一高いビルもあるし、港にはヤシの木の形やらの人工島があふれています。

また、「高層ビル火災にジェットパック消防士」みたいな、一見未来なんだけど効率的にどうかと思われる解決策を編み出す傾向があります。そういう意味で、水不足の対策で山を作るというアイデアは、UAEのブランド的にはぴったりです。実際その山ができたとしたら、一大観光スポットになりそうです。

ただやっぱり、クラウドシーディングもそうですけど、物事には順番があると思います。仮に山を作ったとして、さらに水が足りなくなったらどうするんでしょうか? もうひとつ山を作るんでしょうか?

source: Arabianbusiness.com, International Business Times

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(miho)