「ポルノは健康上の危機」根絶求める決議が自由の国アメリカで採択

「ポルノは健康上の危機」根絶求める決議が自由の国アメリカで採択 1

いずれはポルノを見ただけで犯罪に?

インターネットの発展に果たしたアダルトコンテンツの役割は小さいものではないそうです。より広帯域で高画質のポルノ動画を見たいがために、ネットの高速化だって進んできたと指摘する向きもあったり。でも、だからって、こうした社会現象に対抗すべく、ポルノを根絶する法的な流れが、まさか自由の国アメリカで広まるとは思いもしませんでしたね…。

テクノロジーの進化とインターネットの普及によって、若者や子どもたちが、かつてはハードコアとされていた部類ながら、今では主流となってしまったポルノにさらされる確率が、異様なまでに高まっている。

このほど米国ユタ州では、ポルノが「一般の人々に健康上の危機」をもたらすと非難する決議が採択され、その理由が、こんなふうに説明されていますよ。なんでもポルノは個人および公共の健康衛生に害をおよぼし、性的に歪んだ環境を作り上げてしまうため、州決議によってポルノとの闘いを政府としても開始することが正式に決まったんだとか。

ポルノは公衆衛生上の危険である。その問題は大いに広まっているにもかかわらず、密かに粛々と浸透していっている。

同決議に署名をしたユタ州知事Gary Herbertは、こんなふうに自身のFacebookページに綴っています。あくまでも今回の決議に法的な拘束力はなく、ポルノの有害性を公的に批判するだけで、実際にポルノの閲覧が法律で禁止されたり、ポルノを見ただけで罰金刑や禁固刑が科されたりすることはありません。主にポルノの危険性について人々に知らせる啓蒙活動によって、ポルノ抑制を進めたいとの今後の方針も明らかにされていますね。

近年の研究によって、ポルノは生物学的に中毒症状をもたらすとの危険性が示された。ポルノを見ると、もっと奇抜な内容を求めるようになり、よりショッキングなコンテンツを見なければ満足できなくなる。

同決議には、このような文言も盛り込まれています。とはいえ、あらゆる米国民が今回の決議の成立を快く思っているのではなく、言論の自由の抑圧だと抗議する動きも出ているようですよ。たとえば、ポルノの健康への有害性を科学的に証明する調査結果が明示されていないことや、そもそも禁止したりするから「密かに」問題が広まったりするのでは? と、いろいろな反対意見も出回っています。

とはいえ、すでにヨーロッパの国でもポルノ規制法案が登場しています。この流れはいずれ日本国内へと波及してくるのかな〜。

source: CNET

(湯木進悟)