プロサーファー、ケリー・スレーターが作りだす人工の波

ケリー・スレーター。サーフィンをする人ならば、誰でも知っているでしょう。世界最高峰のプロサーファーで、知名度も抜群です。そんな彼がサーフィンと同じく情熱を注いでいるのが、人工の波

スレーター氏が開発したのは、プロサーファーも納得の人工の波を作るマシンです。流れるプールや、波が起きるプールはすでにあります。が、スレーター氏のマシンは、サーフィンができるほどの波をコンシスタントに起こすことができる世界初のマシン。マシンの価格は1台200万ドル(約2億円)から2,000万ドル(約22億円)。研究開発費を思えば、見方によっては安いとの声も。

人工波を作り出す詳しい仕組みや技術は、今のところ明かされていませんが、スレーター氏と共にマシンを開発した研究者のAdam Fincham氏が、そのコンセプトを語っています。なんでも、コンセプトモデルとして1/15スケールの羽(飛行機の羽が水中にあるイメージだそう)を作成。これで、水面にうねりを起こし、特殊にデザインされた水面下=プールの床の形状の助けも加わり、だんだんと大きな波にしていくのだそう。床だけでなく、羽もサーフィン可能な波を起こせるよう特別な形をしているのだといいます。また、湖でこのマシンを使用する場合、羽が湖底もすくいあげ、波を起こしやすい形へとならすことも。羽を動かすことで、波がおきる理想の水流を作っていくわけです。ちなみに、サーフィン=太陽の似合うイメージのとおり、マシンは太陽光発電で動きます。

マシンはまだまだ改良中とのことですが、先日、World Surf Leagueの親会社が買収を発表しました。今後、ハイテク設備のトレーニングセンターの建設などが視野にあるようです。もちろん、トレーニングだけでなく競技場の可能性もあります。野球スタジアムのようにサーフィンが観戦できれば、やるだけでなく観るスポーツとしてもますます人気が高まりますよね。サーフィンが、いよいよ五輪競技になる日がくるかも?

source: Bloomberg

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(そうこ)