【科学的に検証】もしキャプテン・アメリカの盾が人間に直撃したら?

科学的 検証 キャプテン・アメリカ シールド

痛いのは間違いありませんが……。

1万年前の隕石と鉄合金を融合したヴィブラニウム製で、銃弾どころかムジョルニアの衝撃にすら耐える「キャプテン・アメリカ」の盾

架空の金属で作られた防具ですが、攻防一体のこのシールドがもしも現実の人間に直撃したら、一体どうなってしまうのでしょうか?

Vsauce3による検証動画では、まず物理的な動きを計算するソフト「トラッカー」を使い、映画でキャップがシールドを投げる動きから速度を計算

科学的 検証 キャプテン・アメリカ シールド

距離と時間から計算

その結果、シールドの速度は平均で秒速18.4m(時速41マイル≒時速66km)ということが判明しました。さらに盾の重さを約5.45kgとした時に、この巨大な円盤が人間に当たると......最悪の場合、死にます

やっぱり……という印象ですが、かなりの致命傷を負うか重い後遺症を負う程度で済むことが多いだろうとの見解でした。例えるのであれば、ボクサーのパンチと同じくらいの強度とのこと。

劇中ではロボットの胴体を真っ二つに切断したり、車に刺さったりするシールドですが、現実の物理だとそれほどの破壊力はないようです。

しかしそれでは面白くないので、動画ではキャップが踏み込む足の速度を計算。そしてその結果、踏み込みは秒速7.4mになることが判明しました。なんとこれは、9Gもの重力加速度に値するのです。

この強さを例えるなら、もしもキャップの踵が4cmだとして、その9Gで胸を蹴られた場合グシャグシャに潰れることになります。同様に、もし頭を蹴られたら粉々になるほど強烈なのです。

科学的 検証 キャプテン・アメリカ シールド

貫通はせず背骨がストッパーになるものの突き刺さる

本当に殺傷能力があるのはキャップの脚力だったという意外すぎる結果。今度から映画では、「キャプテン・アメリカ」が繰り出す蹴りに注目して見るべしかもしれません。

source: YouTube

岡本玄介