ウィル・アイ・アムが性懲りもなくガジェットをまたプロデュース。今度はBluetoothイヤホン

ウィル・アイ・アムが性懲りもなくガジェットをまたプロデュース。今度はBluetoothイヤホン 1

誰か止めなくても大丈夫?

人気ラッパーのウィル・アイ・アムがこれまで何度もガジェットをプロデュースしてきたのはご存知ですか。

知らなくても大丈夫です。

彼はデジタル製品ブランド「i.am+」を持っているのですが、これまでも2万6000円のiPhoneケース充電が5時間しかもたない極太のスマートウォッチ(自称スマートカフ)、そして今年発表された月額3200円の2年間契約(合計7万6800円)でしか販売されない新型スマートウォッチと「アイデア一点突破でユーザビリティ無視」なガジェットを発表しては世間から無視されてきています。

そんなi.am+による新しいプロダクトがAppleとのコラボ製品であるBluetoothイヤホンの「i.am+ EPs」。イヤホン部分がアナログ・レコードのようなデザインになっているのがミソだとか。

通常のイヤホンはどちらの耳につけるか示すため「right(右)」「left(左)」と書かれていますが、こちらは「right and wrong(善と悪)」「left and gone(過ぎ去った)」とラッパーらしい言葉遊びが刻まれているとのこと。...か、かっこいいのかな?

Bluetoothにつないだ時にはウィル・アイ・アムの声が流れるそうです。アピールポイントとして挙げられている特徴がどれもウィル・アイ・アムの自己愛に満ちあふれていてなんとも微笑ましいです。さらにはイヤホンと一緒に「ウィル・アイ・アム特製のスペシャル・ライフスタイル本」も付録として付いてくるとのこと。お値段は約2万5000円(約230ドル)。

ライフスタイル本までついてきて2万5000円は大バーゲンですね!

と冗談はさておき。これまでの失敗から学んだのか、使いたくなる機能もあります。たとえばイヤホンがマグネットになっていてパチっとくっつけられるようになっているとか(もちろんもっと安いイヤホンでも同じ機能はついていますが)。金属と織布を組み合わせて作られているので触り心地も良さそうです。

サイト上でAppleは「上級のサラウンド音響と深いベース音」が楽しめると謳っていますが、はたして今回こそは人気商品となるのでしょうか。

source: Apple via MacRumors

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)