キツネザルの握力がびっくりするくらい強いことが判明しました。けどやっぱりかわいい

キツネザルの握力がびっくりするくらい強いことが判明しました。けどやっぱりかわいい 1

なにこの写真...反則です。

もうトップ画像を見た瞬間に、記事を読む余裕ないと思うんですね。なので最初に記事の内容を2文でまとめるので、あとは下にスクロールして可愛いキツネザルの写真だけ眺めちゃって下さい。

  1. ハイイロネズミキツネザル、自分の体重の10倍の重さを引っ張るほどの握力があることが判明
  2. 木の上で生活する彼らにとっては握力は非常に大事なのでしょう

以上です。もう2枚目の写真も本文より上に貼っておきますね。

キツネザルの握力がびっくりするくらい強いことが判明しました。けどやっぱりかわいい 2

.....っ! っうわめづかい!

しかも花束かかえてなんですかこの野郎。ディズニー映画の主役でも狙ってるんですか。花束に顔うずめて上目遣いにこっち見るのやめてくれますか。食べてるんですか。なにしてるんですか。

(深呼吸)

ハイイロネズミキツネザルは体重わずか40gから80g程度の小さなサルです。ハイイロでネズミみたいで、かつキツネみたいなサルなのでハイイロネズミキツネザルという名前なのだと想像されます。ポケモンのようなネーミングも私としては高得点です。

このハイイロネズミキツネザル、野生のものはマダガスカルにしか生息していないようです。今回の研究はフランスのリヨン高等師範学校で飼育されているキツネザルの集団を使って行なわれました。

大学院の生徒であるPauline Thomasは、とても小さいキツネザルたちがその細い腕を使ってどうやって木の枝にぶら下がったり移動したりできるのか不思議に思ったそうです。そこで同級生たちと一緒に今回の実験が計画されたとのこと。結果は「Journal of Zoology」に発表されました。

彼らはまずオスとメスの混じった62匹のハイイロネズミキツネザルを集めました。そしてキツネザルのサイズに合わせて鉄棒を作り、加えられる力を計るセンサーが埋め込まれた歩行板の上に設置しました。1匹ずつサルを鉄棒に捕まらせて、逆方向にゆっくりと引き離す力を加えることで彼らの握力を測ったそうです。この実験は1匹ごとに何度か繰り返し行なわれました。

その結果、彼らが非常に優れたアスリートであることがわかったんですね。自重の10倍の重さを引っ張る握力を持っていることが明らかになりました。これ、人間である我々の感覚でもすごいなって思いますけど、他の動物と比べても並外れているんです。たとえばハツカネズミのような小型のネズミは自重の25%以下、ドブネズミといった大型のネズミに至っては自重の7%程度の重さしか引っ張ることができません。

実験ではサルの前腕(肘から手首まで)が長く、体重が重いほど、大きな握力を発揮したそうです。また年齢が高いサルほど握力も弱いことがわかりました。オスとメスの間では特に違いはなかったそうです。

なぜこんな小さなサルがこれほど強力な握力を必要とするのでしょうか。研究の共著者であるAnthony Herrelは木の枝を中心とした生活に適応して進化したのかもしれないと仮説を立てています。

「狭い枝の上を歩く場合、本当にしっかりと握ってないとバランスを崩して落ちてしまいますから」とAnthonyさんはDiscoverに語っています。

かわいい顔してかなりパワフルだったんですね...。

キツネザルの握力がびっくりするくらい強いことが判明しました。けどやっぱりかわいい 3

image by Pauline Thomas, Duke Lemur Center

source: Journal of Zoology via Discover

Jennifer Ouellette - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)