映画「ドラゴンボール・エボリューション」の脚本家がファンに謝罪

ドラゴンボール・エボリューション 脚本家 謝罪

原作とは完全に別物ですものね。

テレビゲームやマンガなど、すでに大成功している作品をもとにハリウッド映画化すると……コケることが多いです

マンガ「ドラゴンボール」を実写映画化した2009年の「ドラゴンボール・エボリューション」も、まるでその法則が発動したかのような作品でした。それはクリエイターの良心やキャリアにとっても痛手となるわけで、今でも後悔しているという脚本家がファンへ謝罪しています

これは「ドラゴンボール」の大ファンにしてライターのデレック・パデューラさんが、執筆中の本のために「ドラゴンボール・エボリューション」の脚本を手がけたベン・ラムゼイさんにインタビューを行った時のもので、デレックさんのブログに掲載されました。

いつかこのような日が来るとは思っていました。「ドラゴンボール・エボリューション」は私のものづくりの人生にとって、非常に痛々しい楔を打ち込むことになりました。あのようなかたちで世界的に私の名が知られるのは、断腸の思いです。それに世界中から怒りと憎しみがつづられたメールが届くことにもまた、心を折られました。

私はこれまで何年もかけて責任から逃れようとしてきたのですが、最後の最後に言葉としてページに書かれたことで、ファンの皆さんをガッカリさせてしまった全責任を負うことにしたんです。これまで(良い物にしようと)全力を尽くしてきましたが、結局私は「ドラゴンボール」を失墜させてしまいました。

私は「ドラゴンボール」のファンとしてではなく、ビジネスマンが業務を請け負うかのように、この仕事で大金が支払われることに目がくらんでしまったのです。私はこのことから、創造的な仕事に情熱なく取り組んだ場合には、最低の結果が伴うこと、そして時として作品を薄っぺらいゴミにしてしまう副作用もあることを学びました。

そのため、私はこの責任を誰にもなすりつけず、自分自身のものとしていきます。他のシリーズのいちファンとして、もし自分が愛して楽しみにしている作品にガッカリさせられたら、どういう気持ちになるのかは良く理解しています。

世界にいる「ドラゴンボール」ファンの皆さんへ、心からお詫びします。

これを償うためには、わたしが情熱を注ぐことができ、なおかつ皆さんが好きになってくれる、それでいてすごくクールで娯楽性にあふれた作品を創ることだと考えています。いま私がやることはそれだけです。

こうして製作者が謝るのは珍しい例なだけでなく、お金に目がくらんだという告白はそれ以上に希少なものでしょう。それほど世界中にいる「ドラゴンボール」ファンたちを怒らせてしまった、そして駄作にしてしまった反省があるのだと考えられます。

とはいえ、「ドラゴンボール・エボリューション」がこれほど酷評されるのは脚本だけが原因ではありません。作品に対する愛情がない人を起用したスタジオやプロデューサーはもとより、映像を作る現場にいた監督などなど、もっといろいろな人たちがあーだこーだやった結果が本作なのです。

(C) 2008 Fox,Based on DRAGONBALL series by Akira.Toriyama. DRAGONBALL TM & (C) Bird Studio / Shueisha, Inc.

source: The Dao of Dragonball via Comic Book Resources

Katharine Trendacosta - Gizmodo io9[原文

岡本玄介