Pebbleの新作スマートウォッチはフィットネス狂

Pebbleの新作スマートウォッチはフィットネス狂 1

米Gizmodoも大ファンPebbleスマートウォッチに新作が登場です。手首で通知を気軽に確認できるのはもちろんのこと、バッテリーライフの長さでも人々を魅了してきたPebbleに新たな魅力が追加されました、フィットネストラッキング機能です。

日本時間5月23日にローンチしたPebbleの新たなKickstarterキャンペーンでは、スマートウォッチの新作、Pebble 2、Pebble Time 2(以下Time 2)と、新たなミニコンピュータPebble Coreが紹介されています。Pebbleがクラウドファンディングに戻ってきたのも当然のこと、これまでにKickstarter史上最も資金を集めるほどの成功を収めているんですから。でも今回のように3つの製品を一度にKickstarterでローンチしたのはこれが初めてです。

Pebbleの新作スマートウォッチはフィットネス狂 2

Pebble 2のブラックとホワイト

Pebble 2は初代Pebbleの進化版。4年を経てどんな進化をしたのでしょうか? 大きなプラスチックのケーシングはそのままですが、白黒ディスプレイを守るのはこれまでのようにプラスチックではなく、Gorilla Glassとなっています。また、もっさり感のあった初代よりももう少し滑らかなデザインとなっています。何よりも大きな進化は心拍数計がついたこと。Pebbleがここ数カ月の間に徐々に紹介してきたフィットネスアプリの恩恵をこれで受けることができるのです。

色は5色用意されており、ブラック・ブラック、ブラック・レッド、ティール・ホワイト、ホワイト・グレイ、ブラック・ライムグリーンとなっています。

Pebbleの新作スマートウォッチはフィットネス狂 3

Pebble Time 2、シルバーとブラック

前モデルと比較して大きく進化したPebble Time 2も見てみましょう。これまでのプラスチック感のあったPebble Timeと違い、全部メタル。まるでPebble TimeとPebble Time Steelが合体してできた子どもみたいです。Pebbleによれば、もう製品がどれがなんだか分からなくなるような区別はやめて、提供するスマートウォッチの種類を絞るとのこと。

Pebble 2と同じく、Time 2にも心拍数計が備わっています。メタル仕上げの色が違う、ブラック、シルバー、ゴールドが用意されています。でもTime 2の一番の進化はそのディスプレイにあります。ディスプレイ部分が小さく、ベゼル部分が巨大だったこれまでと違い、Time 2ではスクリーンが大きく、ベゼルの割合が小さくなりました。Timeのディスプレイサイズから50%も大きくなりながらも、Time 2は一度の充電で10日間バッテリーが持ちます。Pebble 2とTime 2はともに30m防水です。

Pebble 2とTime 2は、これまでのPebbleのスマートウォッチ理念にのっとったものです。エネルギー効率のいいEインクディスプレイに、独自のタイムライン機能を搭載したOS、そしてiOSでもAndroidでも問題なく動くプラットフォーム不可知論的なハードウェア、余分な機能はありません。

Pebbleの新作スマートウォッチはフィットネス狂 4

Pebble Core

でも、これまでと違うものを期待したなら、GPSに3G接続機能も付いたPebble Coreがあります。500ドル(約5万5000円)のスマートウォッチではありませんよ、これは70ドル(約7,700円)のミニ・コンピュータ。スマートウォッチの脳みそとして機能し、スマートウォッチに欠けているGPSと3G機能がついているんです。

基本部分としては、Coreはインターネットに接続されたボタンであり、キーホルダーにつけたりシャツやポケットにクリップしちゃえるものです。Pebbleはランニングをする人を対象にしてこの70ドルのオプションドングルを作っていますが、Pebble以外のほかのウォッチといっしょに使うこともできます。

一番便利な機能としては、4GBのストレージと3G接続を生かしてSpotifyのプレイリストを読み込んで、スマホは家に置いて出かけられること。Pebbleアプリと組み合わせれば、Uberを呼び出したりといった簡単なこともできます。Pebbleはサードパーティーの開発者たちがこの小さなボタンの使い道をいろいろと見つけてくれると考えています。CoreはSpotifyとGPSを動かした状態で9時間バッテリーがもち、ローパワーモードでは数日もつとのこと。充電にはQiチャージャーを使用できます。

Pebble 2、Time 2、はアーリーバード(早期)特典では100ドル(約1万1000円)と170ドル(約1万9000円)で、その後は30ドル増しのKickstarter価格で資金募集中。Coreは70ドルからです。Pebble 2は9月発送予定、Time 2は11月発送予定、Coreは2017年の1月まで待たないといけません。これはまた、古い世代のPebbleモデルは段階的に廃止していくことも意味しています。

Pebbleの新作スマートウォッチはフィットネス狂 5

Pebble 2(左)とPebble Time 2の心拍数計

Pebbleの新作スマートウォッチはフィットネス狂 6

Pebble Time 2の画面(左)とPebble Time Steelの比較

Pebbleの新作スマートウォッチはフィットネス狂 7

Pebble 2(左)とPebble Time 2

All images: Darren Orf/Gizmodo

source: Kickstarter

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(abcxyz)