乗ってみたい! ハーレーダビッドソンが「電動バイク」を5年以内にリリースへ

乗ってみたい! ハーレーダビッドソンが「電動バイク」を5年以内にリリースへ 1

画像はproject LiveWire

バイク業界の古豪ことハーレーダビッドソン。昔ながらの伝統を第一に考えるメーカーかと思いきや、意外や意外と電動バイク「project LiveWire(非市販車)」開発してしまうなど、近年はフットワークの軽さを見せています。そんなハーレーが「電動バイクを5年以内に発売する」との意欲的な計画を明かしました。

今回の情報は、ハーレーダビッドソンの上級副社長Sean Cummings氏へのMilwaukee Business Journalによるインタビューの中で明かされました。ハーレーのバイクと言えばゆったりした乗り味が特徴ですが、以前にはサブブランドのBuellでスポーツバイクを制作していた時期もあります。ハーレーがリリースする電動バイクはのんびり乗るクルーザータイプなのか、それともガッツリ攻められるスポーツタイプなのか…興味津々です!

なお先ほど紹介した非市販車の「project LiveWire」ですが、時速0-100km加速が4秒以下、最高速度は時速160kmと悪くない性能です。ただし、航続距離は88kmで充電に3.5時間かかるなど、ツーリングにはちょっと厳しそうな様子。車体の小さいバイクでは、バッテリーの積載容量を増やすのが難しいのかもしれません。

現時点では本体デザインや性能、そして価格も明かされていないハーレーダビッドソンの未来の電動バイク。この先のハーレーブランドを背負えるようなクールなモデルの登場に期待したいですね!

source: THE VERGE

(塚本直樹)