闇に飲まれよ! iOS 10ではダークモードが搭載か

闇に飲まれよ! iOS 10ではダークモードが搭載か 1

闇を操りし、iOS 10。

先日開催されたWWDC 2016のキーノートでは「iOS 10」が発表されましたが、そのベータ版からは公式に発表されなかった機能がいくつか見つかっています。まずは純正アプリの削除(非表示)機能、そして今回見つかった「ダークモード」です。

上の画像が開発者のAndrew Wilkさんが発見した「iOS 10 ベータ版のダークモード」です。メッセージやコンタクトなど、さまざまなアプリが黒背景になっていることがわかります。キーボードと相まって、なかなかカッコいいですね!

さらにMac Aficionadosによると、iBooksやSafari、アラーム、iTunesにもダークモードが見つかったそうです。ただし現時点ではこの機能は無効化されており、AppleがiOS 10の正式リリースとともに有効化するかどうかは不明となっています。

実はApple、先日発表した「tvOS」ではダークモードの正式搭載を発表しています。その理由は「薄暗いリビングでも快適に利用するため」。むむ、だったら就寝前に利用するスマートフォンにダークモードがあってもいい気がしますね。

今はアプリによって「ダークモード」を独自に実装しているものもありますが、純正のSafariやメールアプリでダークモードが使えれば、より快適に利用できるはずです。ぜひ秋のiOS 10の正式版配布までに、ダークモードが有効になって欲しいものですね。

source: 9To5Mac

(塚本直樹)