iPhoneの大幅刷新は3年周期になる!? 今年は小改良のターンかも

iPhoneの大幅刷新は3年周期になる!? 今年は小改良のターンかも 1

そういわれると、今年買うか悩む…。

iPhoneは2年サイクルで大幅に刷新された新バージョンが登場する…iPhone 4もiPhone 5も、そしてiPhone 6もそうでした。しかし日本経済新聞の報道によると、今後はiPhoneの大幅刷新の周期3年に伸びるそうなんです。これが本当なら、iPhoneファンはiPhoneの買い替え時期にかなり悩むことになりそうです。

報道では、今年登場する次期iPhoneはカメラ性能などの小改良にとどまるとしています。以前にもiPhone 7とされるサイズの大きくなった背面カメラや、iPhone 7 Plus用とされるデュアルカメラの搭載を示唆する情報が登場していました。また、iPhone 7ではアンテナ線の移動やイヤホンジャックの廃止、それに防水性能の追加などが期待されています。これらも十分に大きな変更だとは思うのですが、やはりiPhone 4やiPhone 6であった大幅なデザイン変更を思うと、ちょっと寂しいですね。

そして2017年に登場する新型iPhoneでは、まず全面ガラスを採用した大幅なデザイン変更が報じられています。さらにカーブディスプレイの搭載や無線充電機能、それに本体上面の全てがディスプレイになるなんて噂も! 正直、今年の次期iPhoneよりも2017年の新型iPhoneに目移りしてしまいますね。

ただし、iPhoneの大幅刷新のタイミングが2年から3年に伸びるのは仕方ない…と思わせる状況もあります。最近はスマートフォンの性能や機能が完成されつつあり、どのメーカーの端末も同じように見えるほどです。その中で、新たなイノベーションを取り入れることはなかなか難しいでしょう。またカーブディスプレイや無線充電機能などはすでに他社が採用しており、速やかに次期iPhoneに搭載しなければならない機能…とも思えません。

今後、iPhoneは更新サイクルが伸びることでワンノブゼムとなってしまうのか、それとも2017年の新型iPhoneで勝負にうってでるのか。今後の舵取りが注目されそうです。

source: 日本経済新聞

(塚本直樹)