ディープニューラルネットワークが「2001年宇宙の旅」をピカソ風に変換すると……

ディープニューラルネットワークが「2001年宇宙の旅」をピカソ風に変換すると…… 1

最初から最後までスターゲートの中にいるみたい!

写真家でエンジニアのBhautik Joshiさんがディープニューラルネットワークを使い、SF映画「2001年宇宙の旅」をピカソ風に変換してしまいました。

この実験に使用されたのは「style-transfer」というプログラム。これは「A Neural Algorithm of Artistic Style」と呼ばれるアルゴリズムをディープラーニングフレームワークのCaffeに実装したものです。

「A Neural Algorithm of Artistic Style」自体は2015年8月に独テュービンゲン大学の研究チームが論文で発表し、画像変換ブームを巻き起こした「一枚の画像を、学習させた別の画像のスタイルに変換する」アルゴリズムです。

キューブリックの構図でピカソがアニメを作ったらどうなるのか? 科学技術が成し遂げた奇跡のコラボレーションをご覧ください。

もし本編全てがカラフルなピカソ調だったとしたら、ずっとスターゲートの中にいる気分を味わえそうです。精度が増して、よりピカソらしい大胆な抽象化が可能になる未来が楽しみになります。

ディープラーニングを利用した画像変換は一見手軽に思えますが、そうでもないんです。元画像とスタイル画像の組み合わせパラメータ調整によって完成度は大きく変化します。

「2001年宇宙の旅」のシーンだとわかるのに、まるで手描きアニメのようにも感じられる。このバランスでピカソ風キューブリック動画が完成したのはBhautik Joshiさんの発想力とセンス、そしてもちろん二人の偉大な巨匠の創作物があったからこそです。

ディープラーニングはあくまで機械学習技術のブレークスルーであり、AIが勝手にゼロから創作を行っているわけではありません。データの特徴を学習する便利なツールを何に使うのかを決めるのは人間です。皆さんなら、何についての特徴を学習させ、その概念を認識するようになったプログラムをどんな事に活用しますか?

(c) Bhautik Joshi 2016

© 2016 GitHub, Inc. T

source: vimeo, Twitter, GitHub, Caffe, Cornell University Library

勝山ケイ素