ノルウェー、2025年までにガソリン車を廃止? イーロン・マスクも応援

ノルウェー、2025年までにガソリン車を廃止? イーロン・マスクも応援 1

自動車業界は変化のまっただ中。

電気水素など、クリーンなエネルギーで走ることが可能になった自動車。しかし、実際にはその割合はまだまだガソリン車が多数を占めています。

しかしノルウェーでは、2025年をめどにガソリン車の販売を一切禁止する可能性があることがわかりました。

electrekは、ノルウェーのビジネス紙が発表したレポートを紹介。それによると、同国の主な4つの政党が新たなエネルギー政策に関して会合を持ち、その内容が、2025年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止するというものだったとのこと。

そしてこれには、電気自動車メーカーのTesla MotorsのCEOであるイーロン・マスクも歓迎の姿勢を見せています。

元々、電気自動車の推進に積極的なノルウェー。すでに普及率は24%に達し、2019年までに首都オスロの中心部に私用車の乗り入れが禁止になるなど、「世界のEV首都」とも呼ばれるほどです。

しかし上述のレポートによると、4つの政党のうち2つは合意に達していないという話もあり、先行きは不透明となっています。

興味深いのは、ノルウェーはGDPの中でも石油関連が高い割合を占める国だということ。先の展開はまだ見えませんが、そういった国でこのような議論がなされることは、大変意義深いといえるのではないでしょうか。

はたして、「道路を走るのはすべて電気自動車」という日は早晩訪れるのでしょうか。

image by Shannon Kringen on Flickr

source: electrek via Market Watch

(渡邊徹則)