Samsungの次期モデル「Galaxy S8」はいよいよ4K解像度のディスプレイを搭載するかも

Samsungの次期モデル「Galaxy S8」はいよいよ4K解像度のディスプレイを搭載するかも 1

消費電力とか、大丈夫かな?

スマートフォンの成熟とともに向上してきたディスプレイ解像度。いつの間にかフルHD解像度(1920×1080ドット)が当たり前となり、今やハイエンド端末はWQHD(2560×1440ドット)に達しています。そして、Samsungの次期フラッグシップモデル「Galaxy S8」には4K解像度ディスプレイが搭載されるとの情報が伝えられています。

今回の情報を伝えたのは、中国サイトのNetEase。Samsungは以前にも5.5インチの4K解像度ディスプレイのデモ展示しており、これがGalaxy S8(かS8 edge)に搭載されることは十分ありえそうです。なお、4K解像度ディスプレイ搭載スマホとしてはソニーがすでに「Xperia Z5 Premium」を発表しています。

4K解像度なんて何に使うの?と思う方も多いと思いますが、実はVRの分野で需要があります。Samsungは自社でVRヘッドセット「Gear VR」をリリースしていますが、このGear VRはスマートフォンを装着してVRを体験するというもの。つまり、スマートフォンのディスプレイが4Kのように高解像度なら、当然、高品質なVR映像が体験できるということです。

また、同サイトではGalaxy S8の背面にデュアルレンズカメラが搭載されるだろうとしてます。うーん、これはiPhone 7 Plusみたいなことになるのかな? 今年や来年には、ハイエンドスマートフォンならデュアルカメラが当たり前のように搭載されるのかもしれませんね。

image by Leszek Kobusinski / Shutterstock.com

source: NetEase via BGR

(塚本直樹)