時代がついてこい! ケンタッキーの充電チキンボックス

時代がついてこい! ケンタッキーの充電チキンボックス 1

スマホがベットベトになりそう。

トレーシート型キーボードを開発したりと、なんだか食べ物とガジェットの融合が気になってしかたない様子のケンタッキー。そのケンタッキーが今回用意したのは、充電ができるチキンボックス「Watt a Box」です。

インドのケンタッキーがFacebook上で開催したコンテストの限定商品として登場したWatt a Box、上の写真のようにスマートフォンなどをUSBポートに差し込んで充電ができます。

なんでチキンボックスでスマートフォンを充電する必要があるかって? それは考えないようにしておきましょう。

ほら、ハンバーガーもポテトも入ってるよ!

ボックスに内蔵されたバッテリーの容量は6,100mAhと結構大容量…のはずですが、どうも実際の充電性能はかなり低め。実験してみたところ、iPhone 5sを17%充電するのに30分もかかってしまいました。これはきっと、忙しい日々でもゆっくり食事を楽しんでね!というKFCからのメッセージなのでしょう。

そんなケンタッキーですが、なんだか起動しただけでピザが届くアプリを開発したり、ピザ宅配ロボットを開発したドミノ・ピザと似た匂いがしてなりません。いつか、コラボとかしないかな…。

source: BGR, YouTube

(塚本直樹)