海外でThunderbolt Displayが生産終了へ。日本では…?

海外でThunderbolt Displayが生産終了へ。日本では…? 1

新型はよ…。

今月開催されたWWDC 2016で発表が期待されたものの、姿を表さなかった次期Thunderbolt Display。ところがその新モデルを待たずして、Appleは「Thunderbolt Displayの生産を終了する」と公式に発表しました。

TechCrunchによると、Appleのスポークスマンはアップルオンラインストアやリテールストアで在庫品の販売は継続しますが、売れ切れてしまえばそれっきり。在庫の補充はされないとのこと。また、公式声明として社外製ディスプレイの利用も勧めています。

なお、現行のThunderbolt Displayは2011年からアップデートがされていない、ある意味超古株です。ディスプレイ解像度は2560×1440ドットと高くありませんし、価格競争力も…。だからこそ、WWDC 2016での新モデルの登場が期待されていたんですけどね。

ただし今回Thunderbolt Displayがディスコンになったことで、次期Thunderbolt Displayの登場の可能性が非常に高まったことは確かです。次期Thunderbolt Displayでは5K解像度パネルやUSB-C、Thunderbolt 3の搭載やGPUが内蔵されるなどのがあります。

なお、日本のアップルオンラインストアには Thunderbolt Displayの在庫がまだあるようです。こちらも、在庫のみで販売終了となってしまうのでしょうか…。

source: TechCrunch via 9TO5Mac , Apple

(塚本直樹)