それってedge? 2017年のiPhoneにデュアルエッジディスプレイ搭載の噂

それってedge? 2017年のiPhoneにデュアルエッジディスプレイ搭載の噂 1

※画像はGalaxy S7 Edge

Appleなりに攻めているのか、それとも…。

あまり変わらないとの次期iPhoneとは異なり、2017年の新型iPhoneは外観が大きく変わると予想されています。そんな状況を裏付けるように、海外のアナリストから「2017年の新型iPhoneデュアルカーブ・有機ELディスプレイを搭載するだろう」との報告がされています。ん? そんなデザインのスマートフォン、どこかで見たような…。

今回の報告を行ったのは、リサーチ会社のIHSでアナリストを務めるKevin Wang氏。Wang氏によると、新型iPhoneは左右にスロープした形状のディスプレイを搭載します。その形状はまさにSamsungの「Galaxy S7 edge(上画像)」や、中国VIVOの「Xplay 5」に似たものになるとのこと。

それってedge? 2017年のiPhoneにデュアルエッジディスプレイ搭載の噂 2

実は、以前より2017年の新型iPhoneへのカーブディスプレイの搭載は予測されていました。同モデルの一つは5.8インチディスプレイを搭載するそうなのですが、それはiPhone 6s Plusの5.5インチよりも大きい。ならば、上の画像のように本体に巻き付けるのだろう、というわけです。

このカーブディスプレイは単にデザイン上のアクセントなのか、それともGalaxy S7 edgeのようにサイドディスプレイとして使えるのかは、今回は報告されていません。Appleがリリースする製品だから、ただのedgeの後追いではないと期待したいものです。

大改変となると噂の2017年の新型iPhoneですが、その背景にはスマートフォンに商品の差別化ができなくなっている点があります。今回のカーブディスプレイもすでにSamsungや中国メーカーが実用化しており、たとえiPhoneに採用されても大きな驚きとはならないでしょう。この先iPhoneがプレミアムスマートフォンの座を維持できるのか、全てはこの新型iPhoneにかかっていそうです。

top image by Leszek Kobusinski / Shutterstock.com

source: MacRumors

(塚本直樹)