家だってネットで買う時代。気に入らなければ30日以内の「返品」も可能

家だってネットで買う時代。気に入らなければ30日以内の「返品」も可能 1

日本にもほしい。

人生最大の買い物」といわれる住宅。多くの人にとって、これ以上高価な買い物はまずありません。

それだけに、万が一失敗をすると大変。気付かなかった欠陥があったり、隣の人がうるさかったり…。そんな不安を解消する不動産のベンチャー企業が、アメリカにあります。

Opendoorは、住宅の購入後30日以内なら「返品」が可能。設備、近隣など、それがどんな理由であれ、気に入らなければ購入をキャンセルできるのだそうです。

家を購入したすべての人に、その家を好きになってもらいたい」と語るのは、OpendoorのCEO、Eric Wu。基本的な仕組みは、売り手がOpendoorに物件を登録し、買い手がつくのを待つというもの。ほとんどがWeb上で完結するため、余計なコストを削減しているのが特徴です。

すべての物件は修繕工事が済んでおり、買い手は気に入らない点があれば、Opendoorに修理を依頼することも可能とのこと。さらにエアコン等の設備については、2年間の保証までついているそうです。

同社はVCからすでに120億円近い投資を集めており、その中には、PayPal、LinkedIn、Squareなどにも投資したKeith Raboisも含まれているということで、同社の期待の高さが伺えます。

中古住宅の売買が盛んなアメリカならではのサービスともいえそうですが、人生最大の買い物を後悔しないためにも、日本にも同様の仕組みがあるといいですよね。

image by Sherwood CC via Flickr

source: recode

(渡邊徹則)