Facebook、携帯電話のマイクから会話を収集して広告表示しているとの疑惑を釈明

Facebook、携帯電話のマイクから会話を収集して広告表示しているとの疑惑を釈明 1

ややしっくりこない部分も…?

Facebookの主要な収入源である広告。だれかれかまわず広告を流すのではなく、ユーザーにぴったりの広告を表示できるようにすることで、広告主からの出稿依頼も増えていきます。だからこそ、ユーザーのWeb閲覧履歴をターゲッティング広告に利用しつつ、もっとも関心を持たれる最適な広告表示を進める「Audience Network」の充実が図られてきたんですよね。

とはいえ、ちょっとそれはやりすぎじゃないの? そう突っ込みたくなる報道が流れてきたのも事実です。たとえば、このほど物議を醸しているのは、南フロリダ大学のKelli Burns教授の発表内容。同教授は、携帯電話の近くで会話したあと、Facebookに会話の内容に応じた広告が表示されるのを不思議に思い、もしやFacebookは、携帯電話のマイクから流れてくる音声データを収集分析し、ターゲティング広告に活用しているのでは? そんな疑惑を投げかけています。

ただちにFacebookは否定したものの、実はこの種の疑惑は以前から繰り返し伝えられてきました。昨年10月には、あるRedditのユーザーが、電話でガールフレンドとゴキブリ退治について話したところ、その後、すぐにFacebookで殺虫剤の広告が表示されたことを明らかにしています。

そういえば、2014年にはユーザーが投稿するときに聴いている音楽見ているテレビ番組に応じて、Facebookがターゲティング広告を表示する戦略を明らかにし、ブーイングの嵐になったこともありましたかね~。

Facebookは、携帯電話のマイクを使って広告のための情報を収集したり、ニュースフィードに流れる内容を調整したりするようなことはしていません。最近、Facebookが会話の内容を収集し、関連した広告の表示に活用していることをほのめかす複数の報道が流れましたが、それは事実ではありません。

今回の疑惑報道を受けて、Facebookはこのような公式コメントを発表しています。ただし、絶対にFacebookが携帯電話のマイクから情報を拾うことはないというわけではなくて、ユーザーがオプトインで収集を許可し、マイクを使いながらFacebookを利用すると、その流れで音声データの収集が行なわれることはあると認めるコメントも、同時に発表されていますよ。

やっぱりユーザーとして気になるのは、いつ音声データの収集に同意したかが曖昧で、そうとは知らないうちに、携帯電話のマイクでFacebookが会話を盗み聞きしている展開だってあり得るということでしょうか。

いまや音声認識アシスタントの普及で、マイクから情報収集が進められることへの抵抗感が下がりつつはありますけど、勝手に会話をFBIに盗聴されてしまっている可能性だって否定できない時代です。広告表示のためとはいっても、第三者に会話が筒抜けという社会には、違和感を覚えざるを得ないでしょうかね。

source: Facebook

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)