どうする? ブタの臓器を人間へ移植できる時代が目前に…

どうする? ブタの臓器を人間へ移植できる時代が目前に… 1

科学はここまできましたけど…。

臓器移植によって命が救われたというケースは数知れません。しかしながら、圧倒的に臓器提供者(ドナー)が不足する状態が世界中で続いており、ドナーが見つかる前に命を落としてしまう患者が多いのも現実です。そこで、人間のドナーではなく、ブタをドナーにすることで、一気に問題を解決。こんな物語のような話が、いま実現しようとしています。

このほどカリフォルニア大学デービス校の研究者チームは、ヒト幹細胞をブタの胚に注入し、人間の細胞を一部に有するキメラブタの胎児の発育を、雌豚の体内で進めることに成功したと発表。このキメラブタの体内で育った臓器を人間へ移植する、異種間臓器移植の実現に向けた大きな一歩を踏み出しましたよ。

キメラブタの胚のカギを握っているのは、ゲノム編集技術CRISPRです。今回の実験では、ブタがすい臓を作り出すための遺伝子情報を抹消し、代わりにヒトiPS幹細胞の情報を注入。こうして誕生するキメラブタの胎児は、すくすくとブタとして育っていくものの、すい臓だけは人間の臓器を有しながら生育し、すい臓の移植を待つ患者に臓器を提供するドナーになるというわけですね。

自分のすい臓は、ブタから提供されたものです…。このような事態を、どのように受け入れるかは倫理的な面も含め、いま大いに議論されています。すでに米国立予防衛生研究所は、キメラブタがどのように成長するのか、もっと詳細が判明するまで、この種の研究をサポートすることはできないとの見解を発表。とりわけ恐れられているのは、いつのまにかキメラブタが人間のような頭脳を持ち、半人半豚という未知の生物が誕生してしまうことです。また、ブタからの臓器提供により、動物ウイルスの感染という根強い懸念を完全には払しょくできていない問題も存在しているんだとか。

しかしながら、さまざまな懸念をよそに、この分野での研究は日に日に進んでおり、キメラブタを人間にとって理想的なドナーに育てあげようとする試みが続いています。すい臓だけではなく、心臓、肝臓、腎臓、肺、角膜など、ゲノム編集を駆使し、自由自在に必要な人間の臓器を提供できるキメラブタを育てられるようになる時代が目前に迫ってもいるようですよ~。

ギリシャ神話では、ライオン、ヤギ、ヘビが合体して誕生した「キメラ」は、恐ろしい火を吐く怪物として描かれています。人間と豚を掛け合わせたかのようなキメラブタは、想像を超えた変な生き物に育ってしまったりはしないのでしょうか? 動物愛護団体からも反対の声があがるなか、多くの科学者たちが、拒絶反応を起こさない、若くて健康的な臓器を提供可能な新手段として、さらなる研究の発展を望んでもいるそうです。初めて人間の患者にキメラブタで育った臓器移植が試みられる日は、そう遠くないのかもしれませんよね。手放しに喜んでよいことなのかどうかはわかりませんけど。

source: BBC

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)