MacBook Air/Proの隠し味。SDカード型ストレージはいかが?

MacBook Air/Proの隠し味。SDカード型ストレージはいかが? 1

いざとなったらこれをイン。

MacBook Air/Proは世界一クールなラップトップのひとつですが、上位モデルを選ぶと意外と値段が上がってしまうんですよね。ストアでの、MacBook Pro 13インチの下位モデル(128GB)と中間モデル(256GB)の価格差は2万4000円でした。これはちょっと負担が重いぞ…。

そんなとき役立つのが、SDカード型の拡張ストレージ「Nifty MiniDrive」です。サイドからmicroSDカードをアダプター本体に挿入し、そのままMacBook AirやMacBook ProのSDカードスロットに入れてストレージ容量を増量できます。本体からの出っ張りがなく、ピッタリ収まるのがいいですね!

MacBook Air/Proの隠し味。SDカード型ストレージはいかが? 2

さらに、Nifty MiniDriveは価格の安さも魅力です。Amazon.co.jpを見るとNifty MiniDriveは5,000円強で販売されており、それに5,000円強で販売されている128GBのmicroSDカードを組み合わせれば1万円ちょいで128GBのストレージが増量できます。ストレージ容量だけが欲しいなら、こっちのほうがずっとお得です。

またストアの説明を見ると、128GBだけでなくちょっとマイナーな200GBまでのmicroSDカードに対応しています。最近は次期MacBook Proのなども盛り上がっていますが、それまでの「つなぎ」としてこのSDカード型ストレージは意外と役に立ちそうですよ?

source: The Next Web

(塚本直樹)