やりすぎた? ボツになってしまったホラー映画のポスター9選

やりすぎた? ボツになってしまったホラー映画のポスター9選 1

どれもそれなりの理由が。

ただ怖いだけではなく、グロテスクだったり気持ち悪かったりする描写もあるのがホラー映画。しかし、宣伝用のポスターにそれが色濃く出てしまい、やりすぎ倫理的にアウトとされ、作り直すことになった例が多々あるようです。

そこで今回はMovie Pilotがまとめた、この10年でボツになったホラー映画のポスター9選をお届けします。

中には残酷なもの、エロティックなものもあるので、閲覧注意です。

「女性鬼」(2007年)

ホラー映画 ポスター ボツ

アソコに歯が生えたX線写真がアウト

邦題のダジャレはさておき、貞操観念が強い女子高生のアソコに歯が生えており、関係を持った男子のナニを噛み千切るという内容の青春コメディホラー。

ボツになったポスターはそんなにダイレクトではないものの、アメリカ映画協会からダメ出しをくらい、以下のアートワークに差し替えられました。

ホラー映画 ポスター ボツ

何が言いたいのかよくわからない……

ホラー映画 ポスター ボツ

バラの花が比喩になっているようです

「ラスト・エクソシズム」(2010年)

ホラー映画 ポスター ボツ

子どもの扱いが残酷なためアウト

少女の衣装に血がベッタリ付いているため、性的な虐待を思い起こされると感じた全国の親御さんたちからのクレームが相次いだポスター。

それにともない、壁をよじ登っている姿に差し替えられた下のポスターは問題がなかったようです。

ホラー映画 ポスター ボツ

凄腕のフリークライマーになりました

「ビリーブメント」(2011年)

ホラー映画 ポスター ボツ

子供がナイフを持っているのがアウト

これも倫理的に、子どもが凶器を持っていてはイカンとなった様子。

にしても修正後のポスター、包丁を持った大人が子供の手を引くのもかなり怪しいような……。

ホラー映画 ポスター ボツ

フォトショップで大人が持っているように加工

「ソウII」(2006年)

ホラー映画 ポスター ボツ

切断した指というのがアウト

こちらもまた、アメリカ映画協会からのダメ出しにより規制せざるを得なかったポスター。

修正後のものは、指のどアップになっています。

ホラー映画 ポスター ボツ

ノコギリの歯も削除され、「切断」のイメージが軽減

「渇き」(2009年)

ホラー映画 ポスター ボツ

女性が広げた股がアウト

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督によるヴァンパイアもの。

吸血鬼の神父と関係を持つ人妻の2人が主軸のラヴ・ストーリーということで、性的な意味合いも兼ねて脚を広げていると同時に、それがヴァンパイアの頭文字である「V」に見立てられたポスターのようです。

しかし修正版では脚が消されているだけでなく、胸の谷間も控えめになっています。

ホラー映画 ポスター ボツ

右手の位置も変更に

「キャプティビティ」(2007年)

ホラー映画 ポスター ボツ

エリシャがかわいそうすぎてアウト

ホラー映画 ポスター ボツ

誘拐、換金、拷問、抹消の4段構え

ジャック・バウワーの娘役で一躍有名になった、エリシャ・カスバートが拉致監禁&拷問されてしまう映画ですが、さすがに4種類もこうして並べて街中に掲示されたら、やりすぎだとドン引きした人たちがいたことでしょう……。

ホラー映画 ポスター ボツ

無難なタイプに差し替えられました(公開は13日の金曜日)

「ホステル2」(2007年)

ホラー映画 ポスター ボツ

肉々し過ぎてアウト

劇中はゴア表現がわんさか登場するため、このような肉のポスターになった模様。サーロインやTボーンだったら良かったかもしれませんが、西洋人にとってホルモン系はアウトなのかもしれません。

差し替え後がこの裸(であろう)女性が逆さ吊りにされているもの。劇中では裸ですが、ポスターではそれを匂わせる程度におさめています。

ホラー映画 ポスター ボツ

拷問されている雰囲気がわかります

「DNA:Dying Breed」(2008年)

ホラー映画 ポスター ボツ

シャレが利いていてもグロくてアウト

軟骨や歯というのが生々しい……。

タスマニアでパイマンと呼ばれる男が人肉を食べて生き延びたということで、そのパイカニバリズムを融合してできたのが上記のポスターだと考えられます。

そして、差し替えられた結果がこの無難なポスター。

ホラー映画 ポスター ボツ

カニバリズム度はゼロに

「ヒルズ・ハブ・アイズ2」(2007年)

ホラー映画 ポスター ボツ

生きた人間を拉致しているからアウト?

これもアメリカ映画協会から却下されたそうです。

承認されたポスターは死体を引きずっているようにも見えるので、麻袋に詰められた人間の生死が可否の分かれ目だったのかもしれません。

ホラー映画 ポスター ボツ

死んだ人間を拉致するのはセーフ?


こうして並べると、なんとなく理由が理解できるものもあれば、首をかしげるものもあります。

規制前のほうがオリジナリティー機転が利いているものは多い印象ですが、表現をどこから規制すればいいのか?というのは、常に難しい問題なのだと感じます。

source: Movie Pilot, YouTube1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9

岡本玄介