iPhoneで撮影したLive PhotosをGIFアニメーション化するGoogleのアプリ「Motion Stills」

iPhoneで撮影したLive PhotosをGIFアニメーション化するGoogleのアプリ「Motion Stills」 1

iPhone 6sには様々な新しいギミックがついてきました。

そのうちの一つが実用性と愚かさの間の危険な境界をさまよう「Live Photos」です。Appleは、Windows Phone 8.1の時代から「Living Images」という同様の機能が存在したのを無視して、Live Photosを「ほかにない写真とインタラクトとする方法」なんて言っています。

でも、Live Photosは言ってみれは基本的には使い勝手の悪いGIFみたいなものです。Androidを作るGoogleもきっとそう思ったはず。だってGoogleは、Live Photosで撮られた映像を処理して実用的にするアプリ「Motion Stills」をiOS向けにリリースしたんですから。

Googleによれば、アプリの仕組みはこうです。

我々のアルゴリズムはリニアプログラミングを使用してヴァーチャルカメラパスを計算、まるでブレ防止装置をつけて撮影したかのように最適化した動画を作り直すようにバースト撮影します。これにより、背景を静止させたり、ブレが取り除かれて映画のようなパンが可能になるのです。

基本的にはMicrosoftのHyperlapseとかInstagramのそれと変わらないわけです。でもGoogleのアプリが違うのは、これを撮影動画から処理するのではなく、Live Photosから処理するところ。

ブレ除去機能のありなしでの比較、機能は選択可

アプリのレイアウトは単純です。Googleにサインインする必要もありません。ただカメラロールへのアクセス許可を与えるだけ。そうするとアプリに、ユーザーが撮影したLive Photosのプレビューが表示されるので、クリップを選べばムービー(基本的にはただの長いGIF)にすることができます。設定をいじることで解像度の上げ下げが可能、ウォーターマークも消すことができます。

米GizのDarren Orfによる写真

沢山のLive Photosを撮影する方ならこのアプリは意味のあるものになるでしょうし、もしかしたらこのアプリのおかげでこれまでLive Photosに興味がなかった方も試してみたくなるかもしれませんね。

source: iOS - Free via Google

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(abcxyz)