Surface Pro 5は4Kディスプレイ搭載も、発売は来年春に?

Surface Pro 5は4Kディスプレイ搭載も、発売は来年春に? 1

MacBook Proより高性能かも?

モデルを重ねるごとに完成度を高めるMicrosoftのタブレットPC「Surfaceシリーズ」。その次期モデルこと「Surface Pro 5」4K解像度ディスプレイを搭載し、来年の春にリリースされるとの情報が伝わっています。

これを報じたMobiPickerによると、Surface Pro 5の出荷が来年にずれこむ理由には、インテルの新プロセッサ「Kaby Lake」があります。Kaby Lakeはより省電力で動作しバッテリー駆動時間の延長が期待できるのですが、どうやらその出荷は思ったよりも遅いようです。

その他にも、Surface Pro 5は最大16GBのメモリを搭載しマルチタスキング性能が向上。また4K解像度ディスプレイは標準ではなくオプションとして登場します。さらにGPU性能も新チップによって強化され、OSにはWindows 10 Redstone 2が搭載されて出荷されます。

このように全面的な刷新が期待されるSurface Pro 5ですが、その予想価格は、Core i5搭載モデルが899ドル(約9万7000円)、Core i7搭載モデルが1,599ドル(約17万2000円)になるとのこと。お、意外と安い…。

ただし、海外モデルにはOfficeは含まれず、さらに為替や日本独自の値付けにより日本ではこの値段で発売されない可能性があります。Surface Pro、もう少し安いともっと人気でると思うんですけどね〜。

source: MobiPicker via ubergizmo

(塚本直樹)