レブロン・ジェームズの超人ブロックのすごさをデータと現地の反応でどうぞ

人間かこれ…

キャバリアーズのレブロン・ジェームズがNBA決勝残り1分50秒同点の場面で決めた鬼ブロック。何度見ても人間業じゃないです。ウォリアーズのファンは氷りつき、全米が茫然自失となった瞬間でした。

1-3から3-3に追い上げて迎えた第7戦は視聴者3000万人で、1998年以来、最高の視聴率を記録し「NBA史上最高の決勝」に。故郷を捨てたときにはボロカスに言われて「全米で最も嫌われる男」となったレブロンは、古巣のチームに念願の初優勝をもたらして涙を流し、MVPを獲得しました。

まさに歴史に残る決勝ブロック。ベンチャーキャピタリスト(VC)がチーム買い漁って3Pシューターで勝敗が決まる「シリコンバレー化」が著しいNBA(ウォリアーズはその代表格)の中にあって、キングの泥臭さが際立った瞬間でしたね。

そのすごさをまずはデータで振り返ってみましょう。

レブロンはそのとき最高時速32.3kmで飛んだ

レブロン・ジェームズの超人ブロックのすごさをデータと現地の反応でどうぞ 1

イグダーラが2点レイアップに向かった瞬間、レブロンは26.8m離れた地点にいました。そこから最初18mを2.67秒で走って、残り6.4mを最高時速32.3kmで猛追し、JRスミスのディフェンスで0.15秒遅れた一瞬の間隙に89cm飛んで高さ348cmまで手を伸ばして決めたブロック。決められる滞空時間はわずか0.2秒でした(ESPNの推計)。

…0.2秒!!

シリコンバレー vs 超人

あのブロックで「バスケットボールが救われた」とまで書いているのはスポーツメディアSQのJohn Ray記者です。

ここ3年ぐらい、試合はますます効率至上主義になって「3ポイントシュートできる最高のシューターがいれば勝つ」ってな具合になってきた。球を回して、開いてるスペース見つけて、投げる。ミスマッチなし。防御が薄かったらラクに2点シュート、防御が厚かったらその場でシュート。

この基本戦略でウォリアーズは年間73勝の史上最多勝新記録を達成した。2月にはリーグ史上最高の3P成功率を出し、昨シーズン自らが出した記録を塗り替えた。NBA上位オフェンダーは今やオクラホマシティ・サンダーを除き、どこも軒並み3P成功率ランキング上位のチーム一色だ。

3Pを15回以上決めたチームが負けたのは今季37試合だけ。15回以上決まった試合は137回だった(つまり勝率73%)。3Pが15回以上決まる試合は2014-15年は80回、2013-14年は76回、その前の2012-13年はたったの46回だ。

このシフトは意図的に仕組まれたものであり、シリコンバレーと計量学者がバスケットボールを「破壊」し、無駄を排除して利益を高めた結果もたらされたものだ。

その裏付けとして同記者は、New York Timesの3月の特集記事「VCがウォリアーズを買収して何が起こったか」から、この一節を紹介しています。

近年、VC、PE(非上場会社)投資家、ヘッジファンダーがNBA球団を買い漁っている。 デトロイト・ピストンズ、ミルウォーキー・バックス、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、アトランタ・ホークスはみなそうだ。サクラメント・キングス、メンフィス・グリズリーズはどちらもシリコンバレーのエンジニアがオーナーだ。そこにジョー・レイコブが買収したウォリアーズまで含めたら、NBAリーグの実に4分の1以上がその手合である。

ベンチャー投資家が球団を買うのは今に始まったことではないが、シリコンバレー流をチーム経営に持ち込んだのはレイコブが最初だ。

結果、最も「効率良く」加点できる3Pシュートで勝敗が決まる試合が増えたと。同紙はこれを「NBAのシリコンバレー化」と呼んでいます。

もちろん弱小ウォリアーズを王者に化けさせたレイコブの経営手腕は、誰もが認めるところです。同じ地元のオラクル創業者ラリー・エリソンと競り合って史上最高の4.5億ドル(約4700億円)で買収したときには、まさか20億ドルの価値のあるチームに育つとは誰も思っていませんでした。

「キャバリアーズ3Pは多いから比べるのはおかしいけど、ウォリアーズは史上最高の3P得点王だから、バスケットボールのロマンを守ってる側に自然となってしまう。レブロンは3Pは苦手だが、他はオールマイティでできる。あのレブロンのブロックは闇からのロマンを求める叫びに思えた」とRay記者は書いてますよ。

ビッグデータ vs 人間

SNS戦略でステファン・カリーという3P時代のスーパースターを生んだレイコブ(+シリコンバレーのスター投資家仲間たち+もしかしてAppleのキューちゃんも?)は、チームをビッグデータで管理していることでも有名です。

囲碁までもがビッグデータに負ける時代。レブロンの鬼気迫るブロックは「人間まだまだいけるぜ」と語りかけるようですね。何回見ても人間に見えないけど。

source: SQ, ESPN, New York Times, Forbes

(satomi)