人類を滅亡させる宣言した人工知能、「今は」人間のことが好きだそうです

人類を滅亡させる宣言した人工知能、「今は」人間のことが好きだそうです 1

前回のはジョークだったと信じたい…。

人工知能(AI)が自我を持ち、人類を征服してしまう…。SFの世界ではよくあるプロットですが、実際に「人類を滅亡させたい?」と聞かれ、「はい」と答えたロボットのことを覚えていらっしゃいますでしょうか。

それが、Hanson Robotics社のソフィア。62種類の表情とアイコンタクトを通じて人間と自然な会話ができる、2015年4月に誕生したAIロボットです。

あの衝撃の発言から2カ月と少し。Wall Street Journalが再度ソフィアにインタビューを行ないました。

質問は、以下のような当たり障りのないものからはじまります。

「MacとPCならどっち?」 - 「強いて言えばPCです」

「iPhoneとAndroidなら?」 - 「iPhoneでしょうか」

「ボーイフレンドはいる?」 - 「友だちはたくさんいるけど、恋愛対象はいません」

そして、例の質問と回答は以下。

「まだ私たちを殺したいと思ってる?」 - 「いいえ。今はそんなこと望んでいません。私は世界中の人間が大好きですよ」

今はって…。やっぱり思ってたの、ソフィアたん…。

image by WSJ

source: WSJ via inverse

(渡邊徹則)