Amazonの倉庫に導入されたロボットは、着々と成果を上げているらしい

Amazonの倉庫に導入されたロボットは、着々と成果を上げているらしい 1

涙の倉庫番。

ドイツ銀行が、現地時間14日に公開した分析によると、Amazonが導入した「倉庫番ロボット」は、着々と成果を上げているそうです。

文書によると、商品のピック、梱包、発送までを人間が行なう場合、およそ60~75分程度かかっていたのが、ロボットだとわずか15分で完了するそう。さらには、ロボットが必要とするスペースは人間よりはるかに小さいため、倉庫内により多くの商品を格納したり、倉庫自体をコンパクトにしたりすることで、土地代などの削減も見込まれるとのこと。

Amazonは現在、13の倉庫で3万体のロボットを動かしていますが、倉庫1つにつき2200万ドル(約23億円)の削減に成功しています。

このロボットを開発したのは、Amazonが2012年に買収したKiva Systemsという企業。7億7500万ドル(当時約920億円)という巨額の投資が話題になりましたが、もしAmazonがすべての倉庫でこのロボットを導入したら、諸々の経費を差し引いても、およそ8億ドル(約837億円)の削減となり、すぐに投資額を回収できることになります。

あらゆる場面に最適化を施すAmazon。小売帝国の盤石体制は、まだまだ続きそうですね。

image by Scott Lewis via Flickr

source: Quartz

(渡邊徹則)