「想像力のない者は、翼を持てない」。Apple、故モハメド・アリ氏を偲びトップページ変更

「想像力のない者は、翼を持てない」。Apple、故モハメド・アリ氏を偲びトップページ変更 1

チョウのように舞い、ハチのように刺す。

2016年6月4日、最も偉大なボクサーの一人がこの世を去りました。彼の名は「モハメド・アリ」。かつて世界ヘビー級チャンピオンとして、人類のトップに立ったこともある偉大なボクサーです。

彼のボクシングスタイルは上の「チョウのように〜」にも代表されるように華麗なフットワークが特徴でしたが、その人生は常に泥臭い戦いの連続でした。1964年にヘビー級チャンピオンになるも、その後にベトナム戦争への徴兵を拒否。それによってタイトルを剥奪されました。また黒人差別に抗議して、金メダルを川に投げ捨てたこともあります。

さらに近年はパーキンソン病を患い、日常生活にも支障をきたしていました。しかし彼はアトランタ五輪で見事聖火役を努め、同じ病気に苦しむ人に勇気を与えてくれました。

AppleでCEOを務めるティム・クックはTwitterにて、故モハメド・アリ氏の言葉を引用しています。「リスクを取る勇気のないものは、人生でなにかを成し得ることはない。RIP.

トップページには「想像力のない者は、翼を持てない」との文字が載せられています。

モハメド・アリよ、安らかに。

source: Apple

(塚本直樹)