「死の鳥」「成層圏の要塞」と呼ばれたB-52にどれだけの武器が搭載できるのか

こんなのが飛んできたらと思うと…。

アメリカ軍の巨大爆撃機として知られる、B-52。1952年の初飛行から今なお現役で飛び続ける、異例の長期運用機です。

全長約48m、翼を入れた全幅は約56mにもなる機体はとても頑丈で、通称「成層圏の要塞」、英語では「BUFF(Big Ugly Fat Fucker)」とも呼ばれます。

そして、その機体にはどれほどの銃火器を積むことができるのか。一目でわかる動画をSmithsonian Channelが公開しました。動画はこちらのSmithsonian Channel公式サイトから確認できますよ。

その絨毯爆撃の凄まじさから、ベトナム戦争時には「死の鳥」とも呼ばれたB-52。その恐ろしさがよくわかりますね…。

source: Smithsonian Channel, Boeing

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(渡邊徹則)