未公開シーン満載のR指定版「バットマン vs スーパーマン」BD/DVD予告編

未公開シーン満載のR指定版「バットマン vs スーパーマン」BD/DVD予告編 1

新キャラも登場?

DCコミックスの二大ヒーローの世紀の対決が繰り広げられた映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」。先日そのブルーレイ/DVDの詳細が明らかとなり、大量の未公開シーンを加えたアルティメット・エディションの予告編が公開されました。

こちらは、Warner Bros. Home Entertainmentがアップしたもの。

予告編の段階で半分以上が劇場で見たことがないシーンで構成されており、どこにつながるのかが謎のシーンや、劇中では見られなかった新キャラクターも登場しています。

ド派手なアクションシーンも含め、未公開シーンは大体30分ほどある様子。それを全てつなげたアルティメット・エディション版が、今回発売されるブルーレイ/DVDには収録されるようです。ということは元が2時間33分の映画なので、未公開シーンを合わせると3時間を超えるという凄まじい長さになる模様。

さらに未公開シーンは過激なシーンが多いのか、アメリカではPG-13からR指定へレーティングが引き上げられたそうです。

(特にコミックを読んでいない人たちに向けての)説明があまりされない続編や他シリーズへの伏線が多く、賛否の分かれる作品だったので、もしかするとやや分かりづらかった部分が時間をかけて説明されるのかもしれません。

個人的には、特にストーリー上に大きな意味もなく殺され、エンドロールでその名前が判明してファンを驚かせた、クラーク・ケントの友人であるジミー・オルセンについての言及があることに期待しています。

そんな未公開シーンだけでなく、メイキングを含むさまざまな特典映像が収録予定とのことなので、ファンとしては要チェックなセットとなりそうです。

今回ご紹介したアルティメット・エディションが収録されている「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(2枚組)」および「~アルティメット・エディション <4K ULTRA HD&3D&2D ブルーレイセット>(4枚組)」は2016年8月10日に発売予定。

Image by YouTube

source: YouTube, Entertainment Weekly, Amazon1, 2

傭兵ペンギン