どう考えてもゴアゴアでしょう。ゲーム「ベルセルク無双」が発表

ベルセルク無双

どんな角度から予想してもCERO Z

コーエーテクモの次なる無双は、なんと「ベルセルク無双」! そうです、あの人気マンガ・アニメ「ベルセルク」の世界観で無双を楽しめるのです。短いながらも、ティザー映像が公開されています。

映像では具体的なゲーム画面は映されていませんが、原作の「」を彷彿とさせるカットとなっているため、おそらく原作準拠。これまでの無双とはひと味違ったゴアゴアしい内容を期待できます。そもそもベルセルクって作品自体がアレですし、どんなに控えめにしても……

いや、控えめなんかにするんじゃない!

切られて内臓が飛び出ないベルセルクなんてベルセルクじゃないし、胴体がバッツーン!ってぶった切られないベルセルクなんてベルセルクじゃない。逆に「ベルセルクって何?」って人が買っても絶対に幸せになれないくらい、あのダークでゴアな世界観を再現してほしいと思います。

あと、BGMと主題歌は平沢進師匠で、オープニングはもちろん、「Forces」のアレンジじゃないとじゃないとヤダヤダヤダ!

欲張りすぎ……ですかね? でも、そこまで期待したくなるタイトルなんですよね。発売日やゲーム内容などはまだ公開されていませんが、対応ハードはPS4、PS3、PS Vitaとなっています。やはりPS4版でハイクオリティな内臓ドバーを楽しむべきでしょうか?

ちなみに、ベルセルクは過去に何度かゲーム化されていますが、個人的にはドリームキャストの「千年帝国の鷹篇 喪失花の章」が好きでした。

原作者三浦建太郎さんのオリジナルシナリオで、ベルセルクの世界観に飲み込まれる秀逸なストーリー。難易度調整で難易度を最弱にすると、原作のように雑魚敵がバッツンバッツン薙ぎ払えてステキなのと、逆に難易度を最強にすると、まさに使徒が使徒らしくおかしい攻撃力と速度で、ビタンビタンやられるところが最高にガッツ

©三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会 ©コーエーテクモゲームス

source: YouTube 1, 2

(小暮ひさのり)