アコーディオン+バグパイプでデスコアバンドのBorn of Osirisをカバー

アコーディオン+バグパイプでデスコアバンドのBorn of Osirisをカバー 1

正反対の組み合わせ!

いわゆるDjent(ジェント)にもカテゴライズされるイリノイ州出身のデスコアバンド、Born of Osirisの「Machine」を、アコーディオン+バグパイプという民族音楽的なサウンドの組み合わせで演奏した様子が公開されています。

演奏しているのはルーマニア在住のElohim Sabaothさん。編成や一部のリフも相まって、ややアイリッシュな雰囲気も感じます。ある意味でデスコア+フォークメタル

Born of Osirisによる原曲はこちら。高速アルペジオ部分はアコーディオンとの違いがまた趣深いです。

source: YouTube1, 2

ヤマダユウス型