空港で預けた荷物が飛行機に乗るまで

全く見たことのない裏側。

空港で荷物を預けると、まずはタグを付けられて、ベルトコンベアに乗せられてどこかに行ってしまいます。そこから荷物が飛行機にたどり着くまでの旅を見てみましょう。

まずは、荷物はプラスチックの箱に1つずつ乗せられ、そのプラシチックの箱がまたシャーシと呼ばれる金属の台車に乗せられます。シャーシには番号がついていて、荷物に付けられたタグのバーコードとマッチされます。その後、X線を通り、幾重にもかさなるジェットコースターの線路のような複雑な道をスイスイと仕分けされてゲートに到着します。その距離約10km

こちらの動画で荷物の旅をごらんください。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(リョウコ)