遺伝子編集ツール「CRISPR」ついに人間での使用へ? 審議がライブストリーム

遺伝子編集ツール「CRISPR」ついに人間での使用へ? 審議がライブストリーム 1

まずは生殖系でないがん治療での実験へ。

効率よく正確な遺伝子編集を可能にするツール「CRISPR」が話題になっていますが、それがついに史上初めて生身の人間に対して使われるかもしれません。21日、米国の政府諮問委員会が、CRISPRを人間に対して使うための提案を審議することになっているんです。

米国国立衛生研究所(NIH)のブログによると、同研究所の組み換えDNA諮問委員会(RAC)では、CRISPR/Cas9を使ったがん治療実験の提案について精査する予定です。この実験では、がん患者のT細胞を体から取り出して、遺伝子編集し、また体に戻すことが提案されています。遺伝子編集によって、そのT細胞は骨髄腫、悪性黒色腫、肉腫といった腫瘍細胞を攻撃するようにし向けられるのです。

MIT Tech Reviewによれば、この提案を出しているのはペンシルバニア大学の研究チームで、たしかに今週のRACのアジェンダにもこの大学のEdward Stadtmauer教授のプレゼンテーションが入っています。Editas Medicineというバイオテクノロジー企業も2017年にCRISPRの実験をすると言っていたんですが、ペンシルバニア大学が先を越すことになりそうです。

人間に対する遺伝子治療は以前にもありましたが、CRISPR/Cas9が使われるのは初めてで、こちらのほうがより簡単で効率が良いと言われています。

「遺伝子編集関連分野の研究者たちは、CRISPR/Cas9を使うことで、多くのヒトの病気に関わる変異を、従来の遺伝子編集システムよりも短時間かつ低コストで修復または削除できる可能性にわくわくしている」とNIHのブログにはあります。

人間の遺伝子を編集して本当に大丈夫なのかちょっと不安ですが、今回提案されている治療は生殖系に対するものではないので、この患者に対して行なわれた遺伝子操作は次の世代には受け継がれません。これは、人間へのCRISPR使用は慎重にするように、というNIHの要請と合致するものです。

ちなみに、この手の議論はセンシティブなだけに透明性を高めるべきということなのか、このRACの会議はライブストリームで公開される予定です。

image by McGovern Institute for Brain Research at MIT

source: MIT Tech Review

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(miho)