見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる

Sponsored

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 1

「横山君、最近ずっとスマホ見てるね。どうしたの!?」

ここのところヒマさえあればスマホを凝視しているギズモード編集部・横山の姿を見て副編集長・鈴木が声をかけました。

「いやぁ、とあるゲームにハマってしまいまして」と横山。「これなんですが…」と言ってアプリを見せました。

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 2

「『ディズニーマジカルダイス』というボードゲームです。サイコロを振って、止まったブロックに建物を建て、相手がそのブロックに止まったら通行料を支払ってもらったり、カードを利用して相手の邪魔をしたり、指定のブロックで『フェスティバル』というイベントを開催して通行料を高くしたりと、いろいろなイベントが起きるゲームです。始めてみるとやり込み度が高くて」

「へぇ、おもしろそう」と興味を持つ鈴木に、横山が説明を続けます。

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 3

「このゲームの一番の特徴は、プレイヤーのアバターがディズニーキャラクターのコスチュームを着ていることなんです。コスチュームカードというものをゲットすることで、自分のアバターにコスチュームを着せられる。コスチュームのバリエーションも豊富でいろいろ選べ、最初は『へぇかわいいじゃん』くらいに思っていたのですが、やっているうちにコスチュームカードを強化できることが分かりまして。コスチュームを強化すると意図したサイコロの目を出しやすくなったりして勝率も上がるものだから、つい夢中でやり込んじゃうんですよね。ちょっと一緒にやってみませんか?」

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 4

ゲームを開始する2人。横山に代わってゲームの内容を説明しましょう。

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 5

ディズニーマジカルダイス』は2人〜4人で遊べるボードゲームです。オンライン対戦ではゲームのステージを選択して、「個人戦」か「チーム戦」、個人戦ではさらにプレイしたい人数を選びます。対戦相手はネット上にエントリーしている人の中から、今の自分の強さに合った他のプレイヤーが自動で割り振られるので、いつでもリアルタイム対戦できます。

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 6

今回の横山と鈴木のように、対戦したい相手が決まっている場合はBluetoothやLINEを使ってマッチングすればOK。もちろん、ゲーム内のフレンドも招待することで一緒にプレイすることができます。

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 7

マップはこんな感じ。アバターのコスチュームだけでなく随所にディズニーの世界観がちりばめられていてワクワク感が高まります。こちらは「ミッキー&ブレンズ」と名付けられたマップ。画面右の「トロリー」にミッキーのマークが付いているの分かりますか?

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 8

こちらは「ファンタジーランド」と名付けられたマップ。「ホーンテッドマンション」や「ピーターパン空の旅」など、ディズニー好きにはたまらない演出。

どちらのマップも、中央の赤いボタンを押してサイコロを振り、出た目の数だけ進み、止まったブロックに建物を建てることができます。自分の建物が建っているブロックに他のプレイヤーが止まるたびに通行料を取ることができます。建物の数やグレードが上がると通行料も高くなります。最高グレードの建物「ランドマーク」(上の画像で左上の青い建物と右下の赤い建物)のデザインも、1つ1つディズニーらしく凝っているので要注目。デザインはかわいいけど通行料は高いですよ!

そして、ゴールドや建物などの総資産がなくなったらゲームを諦めることになります。

プレイは、制限時間の25分が経つか、30ターンで終了。時間内に勝者以外の全員をギブアップさせたら勝ち。勝者以外の全員がギブアップする前に25分が経つか30ターンが経過したら、その時点で総資産が一番多い人の勝ちになります。ほかにも、以下の条件で勝利できます。

●同じカラーのブロックを独占し、独占エリアが3つになったら勝ち

●1つのラインすべてのブロックを独占したら勝ち

●「スペシャルブロック」と呼ばれるブロックをすべて取ったら勝ち

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 9

他のプレイヤーが持っているスペシャルブロックとランドマーク以外のブロックを買収することも可能。逆に、買収された側は手にしたゴールドをうまく使って相手のブロックを買収し返すなどといった新しい作戦を考えられます。

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 10

ボード内の3カ所に「フォーチューンカード」ブロックというものがあります。ここには、「防御カード」(通行料を50%割引してもらう「50%通行料割引クーポン」など)、「命令カード」(次のターンは通行料を2倍払わなければならない「通行料2倍」など)、「お邪魔カード」(5ターンの間、停電して通行料がもらえない「停電」など)といった、形勢逆転につながりそうなカードがたくさん用意されています。上の画像は「ファンタジーランド」マップ専用カードの「ピーターパン空の旅への招待券」を引いたところ。さて、どこへ連れて行ってくれるのか? ワクワク!

という感じで、サイコロの目1つで一喜一憂する、とてもエキサイティングな展開に2人は夢中です。

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 11

「うわ〜6だけは出ないでくれ。6が出たら負けてしまう…うわ出てしまったぁ!!」

「やべ〜鈴木さんの負けっ!」

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 12

「このゲーム…アツいね!」と盛り上がる鈴木に「いやぁまだまだ、こんなもんじゃないですよ」と言いたげな横山。

「僕をやり込みに駆り立てたコスチュームカードの強化も見てください」

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 13

コスチュームカードは、プレイを通じて得たゴールドやダイヤ(ストアで買うことができます)で購入したり、逆に売却してゴールドを得ることも可能。そして「強化」タブをタップすると、強化したいコスチュームカードを、別のコスチュームカードを「強化素材」にすることで強くできるのです! 強化したコスチュームカードは「サイコロコントロール」など、ゲームを有利に進められる能力値が上がっているので、勝率が上がり、勝てばさらにゴールドが増え…となるためハマらずにはいられないのです。

プレイヤーレベルが7を超えると、さらに「進化」というコンテンツが解放されます。「強化」を上回る「進化」で何が起こるのか…それはやってのお楽しみということで。

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 14

コスチュームカードパックは「プレミアム」と「ノーマル」があります。「プレミアム」はダイヤで購入可能、B以上のレア度高めなカードが手に入ります。「ノーマル」はゴールドで購入することもできるし一定時間で無料ゲットも可能、レア度C〜Aまでのカードが手に入ります。購入するときはどのキャラクターのどのレア度のカードが出てくるか分からないのでワクワク感も高まります。

「コスチュームカードは最大300枚まで所有できるんですよ。今のバージョンだと23種類のカードがあって、今後もどんどん追加されていくそうです。それぞれのカードにC〜Sのレア度が設定されているので単純に集めるのも楽しい。好きなディズニーキャラクターのカードが出るとうれしいですよ! 僕はシンデレラを強化しまくっています」と横山の弁。確かに、これはカード収集愛好家にはたまりません。お気に入りのカードを積極的に強化してしまう気持ち分かるなぁ!

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 15

さらに、コスチュームカードだけでなく、能力値や豪華なエフェクトが付いたサイコロも買えるんですよ。より能力の高いサイコロを使えば、狙った目を出しやすくなったりして、ゲームを有利に進めることができます。「ミッキーサイコロ」かわいい!

見た目かわいく、やり込み度MAXのボードゲームにギズ編集部員ハマる 16

「7出ろ!」

「7出るな! うわ〜出たぁ!」

「鈴木さん、また負けましたね」

「次こそっ! コスチュームカードを強化してリベンジしてやる!」

横山と鈴木の楽しそうな姿を見て、他の編集部員もジョイン。4人プレイでさらに盛り上がります。2対2のチーム戦もできるし、これはしばらく編集部でもブームが続きそうな予感。

制限時間が決まっているので、短時間でサクサク遊べるところもいいですね。興味を持ったあなた、アプリのダウンロードはコチラ(iOSAndroid)から。ハマり過ぎにご注意を!

source: ディズニーマジカルダイス

(奥旅男)