【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介

E3 2016 任天堂

伝統的な2作品の最新作。

北米最大規模のゲーム展示会E3Nintendo Treehouseにて、「ゼルダの伝説」と「ポケットモンスター」の新作が紹介されました。ゲームプレイの模様も公開され、さまざまな新要素が明らかになっています。

まずは最大の関心事であろう、WiiUと次世代ゲーム機「NX」用に発売される、新しい「ゼルダの伝説」のトレーラーからどうぞ。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」

「目を開けて、リンク起きて」というゼルダ姫らしき声が聞こえ、美しく広大なハイラル王国が現れます。とてもシネマティックな演出です。リンクがハンググライダーで空を滑空したり、馬に乗って駆け抜けたり、ロック・クライミングまでしている様子も。いかにもゼルダらしい謎解きも多くあるようです。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 1

岸壁を登るリンク

グラフィックスは、遠くのものを細かく描かないことを理由にトゥーン・レンダリングが採用されており、広大で自由に動けるオープンワールドでは、何もわからないまま冒険の旅に出たリンクを3人称視点で操作。時間の概念天候の変化も採用されています。

プロデューサーの青沼英二さんいわく、「ゼルダの当たり前を見直す」を念頭に作ったという本作。プレイ動画では、メカニカルなプールに寝ているリンクの目覚めから始まりますが、剣と魔法だけでなく地図や望遠鏡の役目を担いリンクをガイドする、シーカー・スレートというタブレット端末のようなテクノロジーが登場し、リンクをサポートしてくれます。

しかしトレーラーでは動いていたガーディアンというメカは、リンクが目覚めた時には緑に覆われて動かない状態に……それまでの間、かなり長い時間が経過していたことも、ゲームを進めて行くに連れて明らかになるようです。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 2

なぜプールで寝ていたのか?

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 3

高度な文明が存在するようです

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 4

これがガーディアンとのこと

これまでゲームの副題はアイテムの名前だったのが、今回では世界そのものが副題となっています。それを象徴するのが、この世界で手に入るあらゆる物を活用しつつ、サバイバルをしながら冒険をしていくハイラルの土地。これこそが新「ゼルダの伝説」の大きな醍醐味のようです

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 5

敵を倒せば槍を奪える

ほかにも新しいことは盛りだくさん。武器は使っている内に壊れてしまいますが、敵から武器を奪う、それに火を点けることなども可能。そうやって徐々に強い武器を持ち替えていったり、ものを食べてハートを回復したりするのも新しい要素です。料理もできますよ!

リックのクッキング

リンクのキノコ料理(食べても大きくはなりません)

音楽もオープンエアーの雰囲気にピッタリだと青沼さんはおっしゃいます。「ある要の地点に来たら音楽で盛り立てるということが今回はできない。なのでBGMを環境音に融合させるようなものにしている」とのこと。要所要所で鳴るピアノの音が自然の音にマッチするだけでなく、人の内面に響くのも音楽面での特徴とのことです。

とにかく特筆すべきはその自由度の高さパラグライダーで高いところから滑空するアクションもあり、盾の上に立ってのスノーボードもあり、いろんな場所へ行って、いろんな遊び方ができるようになっています。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 6

空まで飛んでけ

神殿

多数用意されている「試練の祠」の中で磁力を活用した謎解き

ボスとバトル

岩状のボスとバトル

アイディア次第では、たとえばボウリングよろしく転がる球体爆弾で坂の上から敵の位置まで転がしてみたり、タル爆弾を連鎖させて大爆発を起こさせたりすることも可能。もしかすると今後、ゲーム内でピタゴラスイッチみたいな仕掛けを作るのが流行するかもしれません。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 7

タル爆弾で大惨事

さらには本作のamiiboが発表されましたが、今回のゲームプレイの中ではamiiboを使って、ウルフリンクをゲーム内に呼び出す様子も登場。使用するamiiboによって、ゲームにもたされる効果が異なるようです。

ウルフリンク

相棒となってくれるウルフリンク

amiibo

3種類の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」amiibo

「ポケットモンスター サン・ムーン」

ニンテンドー3DSにも新しいアドベンチャーが加わります。それが11月18日リリースの「ポケモン サン&ムーン」。「~サン」ではソルガレオが、そして「~ムーン」ではルナアーラが伝説のポケモンとして登場。ちなみにこの2匹は今まで以上に物語に関係してくるそうです。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 8

パッケージには伝説のポケモン

冒険は最初にモクロー、ニャビー、アシマリという、かわいい&タイプがわかりやすいことを第一に考えられたデザインの3匹の中から、お供のポケモンを選ぶところから始まります。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 9

お供に選ぶのはどれ?

舞台となるのは命あふれる大地、アローラ地方。ここは他の陸地とつながっておらず、固有のポケモンが住んでいるという、ちょっと変わった土地です。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 10

ここがアローラ地方

南の地方が舞台とあって、プレイヤーのキャラも暖かい土地に住んでいる服装が採用されています。そして、これまでに比べて頭身がやや上がり、より没入感が得られるようにキャラクターをデザインしたそうです。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 11

服や肌の色も選べる男女のプレイヤー

本作には新しい要素が盛りだくさんのですが、まずバトル面ではトレーナーとモンスターの一体感を高めるため、一緒に画面へ登場するようになりました。なのでモンスターの大きさが人間と対比してわかりやすいです。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 12

かなりの身長差

時間によって変わる影の長さ、ポケボールを投げる動作や勝ち負けの表情など、トレーナーごとに動きが細かく違うのも特徴。さらにはカメラ・アングルのダイナミックさもかなり意識しているのだとか。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 13

確かに上の画面とは角度が違います

インフォメーション・ボタンを押せばどんな技が出ているかもわかるようになっており、初心者にも親切な設計です。それと同様に、敵モンスターの状態もわかるようになっています。ついでにレベルアップの演出も少し変わり、進化後やペアとなるポケモンが描かれるスペースがあり、ついつい図鑑登録を埋めたくなる作りを目指したそうです。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 14

白いボールの場所に何かが現れるようになる

さらに新しいのが、新モード「バトルロイヤル」。これは4人のプレイヤーが3匹ずつモンスターを持ってバトルします。誰かの手持ちがすべて倒されたら終了で、倒された数と生き残った数で勝敗が決まります。プレイヤー同士の結託や作戦が勝敗を左右することもある、白熱した戦いが期待できそうです。

【E3 2016】任天堂がポケモンとゼルダの新作をじっくり紹介 15

文字通りバトルロイヤル!

今回はポケモン20周年ということもあり、7言語から9言語に増やしたのも世界のファンからとても喜ばれているとのこと。「今までにないチャレンジをしているので、皆さん楽しみにしていてください」というお話でした。


なお、任天堂は今回のE3用にウェブサイトを特設しており、各ゲームの情報がもう少し詳しくわかるので、気になる方は併せてご覧ください。

c 2016 Nintendo. Games are property of their respective owners. Nintendo of America Inc. Headquarters are in Redmond, Washington.

source: Nintendo @ E3 2016 – Official Site, Twitch、YouTube123

岡本玄介