開発中止となった「スター・ウォーズ バトルフロントIII」の非公式リメイクがSteamへ

開発中止となった「スター・ウォーズ バトルフロントIII」の非公式リメイクがSteamへ 1

キャンセルされたゲームを作り直そうというファンのプロジェクトが、Steamと配信契約を結びました。

昨年発売された映画「スター・ウォーズ」のゲーム「Star Wars バトルフロント」は、映画の世界が広がっているかのようなグラフィックが話題を呼びました。しかし、ゲームとしての評判はいまいち……。ファンの間では昔の「バトルフロント」シリーズを懐かしむ声が上がっていました。

もともと「スター・ウォーズ バトルフロント」は2004年に発売されたPandemic Studios制作のゲームで、「スター・ウォーズ」の世界で1人の兵隊として行動し、おなじみのキャラクターやビークルを操って大勢で戦うという内容が人気です。

翌2015年には続編「スター・ウォーズ バトルフロントII」がリリースされ、本作ではルークやベイダーなどのヒーローキャラクターも操作できるようになり、好評を得ました。

さらなる続編「Star Wars Battlefront III」は「タイムスプリッター」シリーズ、「ヘイズ」などで知られるFree Radical Designによって開発されていましたが、最終的にはキャンセルされてしまいました。

そんな「III」のキャンセルに気を落としていたファンたちの期待を受けて2015年に登場したのが、EA DICE開発の「Star Wars バトルフロント」だったものの、昔の「バトルフロント」を求めた人にもそうでない人からも高評価は得られず……。

そんな中、新たに登場したのがキャンセルされた「Battlefront III」を復活させようというプロジェクト「Galaxy in Turmoil」です。

ScreenRantによると、本プロジェクトを立ち上げたのはFrontwire Studios。最高の「バトルフロント」ゲームを作ることを目標にしたファンによって結成されたゲームスタジオで、現在Free Radical Designの作っていた「Battlefront III」をもとに「Galaxy in Turmoil」を完成させようとしています。

今回めでたくSteamから「Galaxy in Turmoil」を無料で配信する契約を結んだという発表がありましたが、唯一心配なのはディズニーから停止命令が出るのではないか?ということ。ファンが作った無料プロジェクトだからと言って、フランチャイズや著作権を持つ会社によっては、公開停止を求めるケースも少なくはありません。しかし、Frontwire Studiosの公式声明によると、少なくともSteam側は心配していないようです。

現在のところ「Galaxy in Turmoil」はWindows 64bit版のみが制作中ですが、将来Macをサポートする可能性もあるとのこと。リリース日ははっきりしていないものの、近日中にSteamへの登場が予定されているようです。

一方で、公式の「スター・ウォーズ Battlefront」の続編も2017年の発売が予定されていますが、果たしてファンはどちらのゲームを正当な「バトルフロント」の続編と受け取るのでしょうか?

Image by Frontwire Studios

source: Frontwire Studios via ScreenRant

abcxyz