マテリアよりもマネーがモノをいう。ファイナルファンタジーVII版の「モノポリー」が発表

マテリアよりもマネーがモノをいう。ファイナルファンタジーVII版の「モノポリー」が発表 1

魔晄炉不動産がはじまる。

アメリカの国民的ボードゲーム「モノポリー」に新たなエディションとして、名作RPG「FINAL FANTASY VII」をテーマにした「Final Fantasy VII Monopoly」が発表されました。

マテリアよりもマネーがモノをいう。ファイナルファンタジーVII版の「モノポリー」が発表 2

なんてったってパッケージが素晴らしいです。昨年に開催された世界的ゲームショウ「E3 2015」でFF7のリメイク版が発表されましたが、やはりオリジナルのグラフィックのほうがしっくり来ます。エアリスが中央寄りなのもアツい配置。

The Vergeによると、ミッドガルを舞台に、土地の買収や魔晄炉の建設などができるゲームとなっています。Eurogamer.netに掲載されたMerchoidのマネージャーJessica Adams氏によると、「悪役であるセフィロスは法外な賃料を請求してくるでしょう」とのこと。あくどい、さすがジェノバの意思はあくどい。

カードやコマの画像は近日公開予定。価格は約5,100円で、2017年4月14日に発売予定です。ぜになげでセフィロスをぶっ倒せ!

source: The Verge, Merchoid via Eurogamer.net

ヤマダユウス型