「macOS Sierra」ベータ版のSafariで「Flash」のブロックを確認

「macOS Sierra」ベータ版のSafariで「Flash」のブロックを確認 1

時代の流れでしょう。

年内にChromeブラウザがブロック(コンテンツの再生の停止)を開始するなど、いよいよ包囲網の狭まっている「Flash」。そんな中、先日発表されたmacOS Sierra」ベータ版のSafariでも同様にFlashがブロックされていることが確認されました。

上の画像が、新しいバージョンのSafari「Safari 10」でFlashコンテンツを含むウェブページにアクセスした時のものです。Flashを「このサイトで毎回再生するか、一度だけ再生するか、再生しないか」を選べるのがわかります。

インターネット上のインタラクティブなコンテンツ作りに貢献したFlashですが、近年は相次ぐ脆弱性の発見などで大きなセキュリティホールになりつつあります。さらにFlashの動作はCPUパワーとバッテリーの残り容量に負荷をかけるので、再生しないですむならそれに越したことはありません。iOSなどは最初からFlashをサポートしませんでしたし、このまま利用されなくなるのが時代の流れなのでしょう。

macOS Sierraの正式版の配布今年秋にスタートです。

source: 9to5mac

(塚本直樹)