早稲田大学、白黒写真をディープラーニングで着色する技術を発表。GitHubでも公開

早稲田大学、白黒写真をディープラーニングで着色する技術を発表。GitHubでも公開 1

つい最近の出来事みたい。

早稲田大学理工学術院の石川博教授をはじめとしたチームは、白黒写真の着色にディープラーニングを応用する独自の技術を発表しました。

従来、白黒写真の着色は、その時代の資料からさまざまな色を推測し、人力で行なわれていました。しかし、サンプル写真の場所や時間帯、砂や葉っぱなどの質感をディープラーニングによって学習し、適した色を自動的につけることが可能になったとのこと。

大正時代に撮影されたという大隈重信の写真も、こんなにいきいきと生まれ変わりました。

早稲田大学、白黒写真をディープラーニングで着色する技術を発表。GitHubでも公開 2

研究チームは、7月にロサンゼルスで開催されるCGの国際学会SIGGRAPH 2016にて、この成果を発表するとのこと。

さらに、今回使われたソースコードは、GitHubにて無償公開中。ご興味のある方は、是非ご参照ください。

早稲田大学、白黒写真をディープラーニングで着色する技術を発表。GitHubでも公開 3

image by 早稲田大学

source: 早稲田大学 via ハザードラボ

(渡邊徹則)