まだIE使ってる? 仕事できる人はChromeかFirefoxを好むらしい…

まだIE使ってる? 仕事できる人はChromeかFirefoxを好むらしい… 1

日本は違うと信じたい…。

2016年は、パソコンのデスクトップで利用されるブラウザ業界にとって、大きな節目の年となりました。これまで長らく、世界で圧倒的大多数のユーザーに利用されてきたInternet Explorer(IE)のシェアが、ついにChromeと入れ替わってしまったのです。ギズモード読者の皆さまは、どのブラウザを使っていますか?

このほど、どのブラウザを好んで利用するかが、実は仕事の生産性に関係しているかもしれないとの興味深い指摘が、Adam Grant教授の著した「Originals: How Non Confirmists Move the World」にて発表されましたよ。3万人のカスタマーサービス部門で働く社員の職歴を分析した結果、IEユーザーの業績はあまりよくないことが判明してしまったんだとか!

同調査によると、ChromeおよびFirefoxユーザーのカスタマーサービススタッフが、仕事を始めてから顧客による高い評価を集めるまでの平均日数は90日。一方、IEおよびSafariユーザーの場合、そのレベルに達するまでに平均120日を要し、約1カ月の差が出ているそうです。仕事の欠勤率は、ChromeおよびFirefoxユーザーの社員のほうが、IEおよびSafariユーザーの社員より全体的に低く、逆にIEとSafariのユーザーほど、仕事が長続きしないとのデータまで紹介されていますね。

Grant教授は、IEがWindowsの、SafariがMacのデフォルトのブラウザになってきたことに着目。パソコンにデフォルトで入っているブラウザを、なんの手も加えることなく使い続けるのか、自ら好むブラウザをダウンロードしてデフォルトのブラウザを変更する手間をいとわないか、その差が仕事ができるか、できないかに影響を与えているとの分析結果を公表しています。

ただし、いまだに大半の日本人がデフォルトのブラウザを使い続ける日本国内で同じ調査をしたら、きっと結果は非常に異なってくるような気もするんですけどね~。

source: tech2.com

(湯木進悟)