スライドからボタンへ。伝統のひとつがiOS 10で変わる

スライドからボタンへ。伝統のひとつがiOS 10で変わる 1

些細なことですが、意義ある修正です。

iPhoneが発表されてから。いや、記憶が確かならばiPod touchもそうだったと思いますが、iOS 9までずっと変わらなかった操作がひとつ、iOS 10で変わります。それは、iPhoneの始め方「Slide To Unlock(スライドでロック解除)」です。

iPhoneHellasによりますと、iOS 10ではロック解除の方法がホームボタンを押す操作へと変更されているとのことです。

スライドからボタンへ。伝統のひとつがiOS 10で変わる 2

iOS 10ではウィジェット機能が追加されており、ロックスクリーンを左右にスワイプすると、ウィジェットやカメラが起動します。ロック画面でできることを増やすための変更ですが、長年親しまれた操作がひとつ無くなるということを考えると感慨深いものがありますねぇ…。

もはや最も身近なガジェットであり、手放せないガジェットとなっているiPhone。何度もiPhoneの画面見て、消して、見てを繰り返しているので、「スライドでロック解除」には本当に慣れ親し…あれ? そういえば最近この画面見ていませんよ

よくよく考えてみたら、普段は「Touch ID」の指紋認証でロック解除しているので、そもそもホーム画面をスワイプする機会が無い。ということに気が付きました。

ごめん、伝統、別に使ってなかったわ。

しかし、「Touch ID」で解除するにしても、その他の手段で解除するにしても、iPhoneは「ホームボタン」から操作をスタートするようになります。これは指紋認証機能が追加されたことにより、機種ごとに若干の差が出ていた「iPhoneの始め方」が統一されることを示します。

UIの共通化、よりシンプルに、どの機種でもiPhoneはiPhone。そう考えると、非常に意味のある改革であると思うなぁ。

source: iPhoneHellas

(小暮ひさのり)