現像もオマカセしちゃおうか。iOS 10ではRAWファイルをサポートするみたいよ

現像もオマカセしちゃおうか。iOS 10ではRAWファイルをサポートするみたいよ 1

いよいよ万能機ですね。

MACお宝鑑定団 Blogによりますと、Appleがデベロッパー向けに公開しているドキュメントに、iOS 10ではRAWファイルをサポートするといった記述があるようです。

対象となるのはA8、A9プロセッサを搭載したiOSデバイス。RAWファイルの現像処理はパソコンでもCPUパワーを必要とする処理なので、すべてのiPhone・iPadでRAW現像とはいきませんが、それでもモバイル端末、しかも手のひらサイズの機器でRAWファイルを扱えるとなるのは驚きですし、カメラファンとしては胸がトキメキます。

だって撮影の現場とかでも、写真をわざわざ自宅に持ち帰らなくてもOK。その場で納得できる(かどうかはまだ未知数ですが)現像ができちゃうかもしれないんですよね?

そうなるとやっぱり画面の大きなiPad Pro(12.9インチ)が欲しくなって、せっかくだからApple PlencilとかSmart Keybordとかも揃えちゃえ!で、スマートかつライトウェイトな作業環境の完成…と。

いや、ほんとそういった時代が来るかもしれないわけです。割と早く。具体的には秋口に

うまいなー。Appleうまいなー。

source: MACお宝鑑定団 Blog

(小暮ひさのり)