J・J・エイブラムスがマイケル・ジャクソンのTVシリーズを製作

マイケル・ジャクソンのTVシリーズ

J・JがM・Jの人生を描く!

TVシリーズ「LOST」や映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」などで知られるJ・J・エイブラムス監督が、「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソン伝記映像作品をプロデュースします。

昨年、エイブラムス監督の映像制作会社であるBad Robot Productionsが、タビス・スマイリー著のマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの小説「Death of a King」のTVシリーズ化すると、Entertainment Weeklyなどが報じましたが、Nerdistによると今回のマイケル・ジャクソンのTVシリーズも同じく、タビス・スマイリー著の著作「Before You Judge Me: The Triumph and Tragedy of Michael Jackson's Last Days」が原作となる模様です。

原作の小説はマイケルの晩年、最期の16週間を描いたもので、Warner Bros.によってTVシリーズ化されることは昨年発表されていましたが、当時はBad Robotとエイブラムスが関わることは決まっていませんでした。

現時点では放映するテレビ局は決まっていませんが、エイブラムス監督お得意のまばゆいレンズフレア満載でマイケル・ジャクソンの人生のステージが描かれる……かもしれません。

なお、やはりタビス・スマイリー著のアメリカの活動家で詩人のマヤ・アンジェロウの伝記本「My Journey with Maya」のTVシリーズ化にもエイブラムスがかかわるとのことです。

Image by io9

source: Nerdist, Entertainment Weekly1, 2

abcxyz