シンプソンズのキューブリック・オマージュを元のシーンと比較

キューブリックトップ

シュールな世界観がマッチして違和感なし。

アメリカの長寿コメディアニメ「ザ・シンプソンズ」では、ハロウィーン・スペシャル回を中心に多くの名作映画をパロディー化しています。

そんな中からスタンリー・キューブリック作品のパロディーを集めて元の映画と比較した動画を、アーティストのCandice Drouetさんが制作しました。

ベートーヴェンの交響曲第9番 第2楽章のチップチューンに乗せて、キューブリックとシンプソンズが織りなす奇妙な世界をご堪能ください。

キューブリックは紛れもなく映画の歴史を作ってきた巨匠の1人。作品は観たことがないという人でも、見覚えのあるシーンばかりだったのではないでしょうか?

シンプソンズの名場面をただトレースするのではなく、要素を抜き出して再構築するパロディー名人芸も光ります。動画内に登場した作品は以下の8本です。

・時計じかけのオレンジ

・シャイニング

・2001年宇宙の旅

・博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

・フルメタル・ジャケット

・アイズ ワイド シャット

・バリー・リンドン

・突撃

なお、Candice DrouetさんのVimeoアカウント名Really Dim「時計じかけのオレンジ」の登場人物ディムに由来しています。キューブリック愛にあふれているようです。

source: Vimeo, Facebook

勝山ケイ素